ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

30 points of Logo Design -Part8-

第1章 良いロゴマークとは?

【Point8】良いロゴマークとは?

良いロゴとは、Point4~7のをより満たしているものだとビズアップでは考えてます。
しかしながら、これにはとても難しい側面があります。ポイントは「対社内」と「対社外」です。この2つは二律背反を引き起こしやすいのです。

たとえば、A社の「こうしたい!」という希望と、そのロゴを目にするA社のお客さまや取引先がイメージする「好印象」にズレが生じるこがあります。
簡単に言えば、A社の「こうしたい!」というイメージが、A社のお客さまにとっては「う~ん…。」と感じてしまうことがあるのです。
ロゴを使う方と、ロゴを目にする方とでイメージがずれてしまうということです。

このような場合に、ロゴディレクターがよくお聞きしている質問があります。

「ロゴを使われる御社と、ロゴを見る御社のお客さま、どちらを意識したデザインにしますか?その比率はだいたい何対何くらいですか?」

ビズアップでは、ロゴマークは「あなたの会社やお店のものでもあり、あなたの会社やお店のお客さまの為のものでもある」と考えています。そして、ご自身とお客さまのどちらに重点を置くか。このバランスは、お客様が自由に決めて良いものだと考えています。

たとえば、比率が「自社7対お客さま3」であれば、お客さまのご要望を引き出し、それを再現することに長けたデザイナーを調整し担当にします。
「自社2対お客さま8」であれば、お客さまの業界について詳しいデザイナーや、こちらからさまざまな切り口で提案できるデザイナーを選定します。

このように、仮でも良いので優先順位をつけ軸を持つことで、スムーズに「良いロゴ」を目指すことが可能です。

「自社のお客様を意識するあまり、自分たちが使いたいロゴにならなかった」
「自分たちの要望はかなったけど、お客さまからの評判がものすごく悪い」

こうなってしまうと、良いロゴとは言えません。

トップへ戻る

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com