ロゴ制作虎の巻2冊無料進呈中!!
3分で分かる!私たちの特徴
ビズアップ・お客様の声 Ver.1
ビズアップ・お客様の声 Ver.2

メールマガジンバックナンバー

【第396回】なぜそれがリンゴだとわかるのですか?

2017年11月10日掲載開始





こんにちは。




ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です!

https://www.biz-up.biz

最近、
近所の猫に餌を上げるのに
ハマっています。



我が家のベランダに
三兄弟の猫がやってくるのです。



触らせてはもらえないのですが、



「なんかここに来るとうまいもん食えるぞ」



という感じで
よくいらっしゃっていただいています。



私は動物全般大好きです。



小さいころには
犬や猫を飼いたかったのですが、



両親は会社を経営しているくせに
住み家にまったく頓着しない人で
借家に住んでいました
(今はマンションを買いましたけど)。



なのでペットは飼えませんでした。



一人っ子の私は寂しすぎて
子供のころに「ペットを飼いたい」と
ねだったところ、



「鳥だったら考えてもいい」



と言われてから、
暇さえあれば百科事典の鳥のページを
ずっと眺めていたことを思い出します。



あれからおよそ30年、
まだ飼ってくれません(笑)



そんなどうでもいいお話から
スタートした本日のメルマガ、
今日は久しぶりにデザインのお話です。



ちょっとアカデミックなお話なので、
「つまらない」と感じるかもしれません。



もしつまらなければ
読み飛ばしてくださいね。



なるべく
「単純な読み物」として
面白いと思ってもらえるように
お話してみたいと思います。



●
先日、
電車の中でこんな広告を見ました。



→http://bit.ly/2eQGOX2



この「ぱれたん動物園」の
ロゴタイプ(文字ロゴ)を
見てみてください。



「動物園」の「動」の文字には
動物の足あとらしきものが入っています。



また、
「園」の文字には
動物の口元のようなものが入っています。
犬や猫、ライオンの口元でしょうか。



「動物らしさ」を感じる
かわいらしいロゴデザインになっています。



よくできているなと思い、
それこそメルマガのネタになるだろうと
写真を撮っておいたんですね。



対して、
こちらのロゴおよび広告は
何の広告かわかりますでしょうか?



→http://bit.ly/2vRLUtp



品川駅のコンコースの
デジタルサイネージに出てきた広告です。



私は一発では何かわかりませんでした。
こちらは何の広告かわからなすぎて
思わず写真を撮ってしまいました。



よく見ると、
なんとなくスポーツ系の広告に
見えるかと思います。



さらにじっと見ていると、
スポーツが好きな人は
わかるかもしれません。



これ、
バスケットボールの広告なんです。



真ん中の人のような図形は、
バスケットボールの縫い目を表しています。
おそらく「人」も表していると思います。



で、
スポーツ好きならわかるかも、
と言いましたが、



実はこれが
「車椅子バスケットボール」の広告
だとわかる人はどれくらいいるでしょう??
(広告の下のほうにちっちゃく書いてあります)



特に、駅の交通広告です。
みんな歩きながらみるわけです。
認識できません。



まあ、
ここのデジタルサイネージだけでなく
いろいろと露出していてクロスメディアだから、



というのが代理店さんの言い分でしょうが、
せっかくの広告面がもったいないですね。



さてつづいて、
ここでこちらをご覧ください。



→http://bit.ly/2eQ9gIC
(写真はWikipediaより)



何かわかります?(笑)
はい、りんごです。



ではこちらは?



→http://apple.co/2wNzT5e
(Appleサイトより)



このロゴは何をモチーフにしているか?
はい、りんごです。バカにするな、
という話ですね(笑)



では、
なぜAppleのロゴを見て



「りんごだ」



とわかるのでしょうか?



これって、
よーく考えると不思議じゃないですか?



おそらくりんごを食べる動物
(ゴリラとか?)にこれを見せても
リンゴだとは認識できません。



なのに、
なんで人間は「りんごだ」と
わかるのでしょうか?



先ほどの
「ぱれたん動物園」のロゴタイプ、



なぜ「動」という文字を正確に書かず
動物の足あとを入れているのに
「動」の文字だとわかるのでしょうか?



「園」の文字も動物の口元が入っていて、
「園」という字を正しく表していないのに
なぜ「園」と読めるのでしょうか?



もっといえば、
なぜ「動」の文字に入っているのが
動物の足あとだとわかるのでしょうか?



なぜ「園」の文字に入っているのは
犬や猫やライオンの口元だと
わかるのでしょうか?



「いやいや、当たり前だろ」



と思うかもしれませんが
「なぜか?」と言われると
答えられないのではないでしょうか?



また、
なぜ車椅子バスケットボールの広告は
「バスケットボール」だと認識しづらい
のでしょうか?



でも、
「なんとなくスポーツ系だ」と
感じるのでしょうか?



これはよくよく考えたら
当たり前のようでスゴい能力なんです。
これを「ゲシュタルト能力」といいます。



●
さて、
ここから急にアカデミックになります。
瞳を閉じないようにご注意ください。



ゲシュタルトっていうのは
ゲシュタルト心理学というのがありましてね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゲシュタルト心理学(ゲシュタルトしんりがく、
Gestalt Psychologie)とは、心理学の一学派。



人間の精神を、
部分や要素の集合ではなく、
全体性や構造に重点を置いて捉える。



この全体性を持ったまとまりのある構造を
ドイツ語でゲシュタルト(Gestalt :形態)と呼ぶ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:Wikipedia



むずい。。。



まあ簡単にいえばですね、
2つ以上のものを見てそれが仲間だとか、
どっちが上位概念か(後述します)とか
そういうことがわかったりすることだったり、



先ほどのりんごの画像のように、
見たものが過去に見たことがあるものと
仲間だと解釈できたりすることを
ゲシュタルト能力といいます。



たとえば、
小さいお子さんがいるとわかると思いますが、
子供ははじめは何でも口に入れてしまいます。
食べ物でなくても、です。



これがゲシュタルト能力が身についてくると、
見ただけで(口に入れて確かめなくても)
それが食べ物だと認識できるようになります。



他にもみなさん、
当たり前のように感じるかもですが、



この2枚の画像
→http://bit.ly/2vKghxG 
(出典:わんちゃんほんぽより)



を見て、
どちらの写真も「犬だ」
ということがわかるのも
ゲシュタルト能力のたまものです。



不思議ですよね。
四足歩行の生き物は犬以外にもいますし、
同じ犬でも犬種によって顔つきが違うのに。



また、
この画像を見て
→http://bit.ly/2wOdkxt
(出典:わんちゃんほんぽより)



「仔犬=犬の子供だ」とわかるのも
ゲシュタルト能力があるからです。



さらに言えば、
この画像を見て
→http://bit.ly/2gN6xfZ
(出典:猫画像どっと 猫ブログ)



これが「猫だ」とわかるのも、
そして犬を含めて「哺乳類だ」とわかるのも
ゲシュタルト能力の成せる技であり、



さらにさらに、
この画像を見て、
→http://bit.ly/2wMNSdw
(出典:にゃこ式部@オタク川柳&猫耳コンテスト)




「これは猫ではなくアキバ系、
 オタク系のイラストだ」



とわかってしまうのも
なんとゲシュタルト能力の
しわざなわけです。



ちなみに、
ゲシュタルト能力が高い人は
仕事ができる人です。



ゲシュタルト能力が高い人は、
物事の上位概念、下位概念がわかります。



たとえば、



我が家の「ミケ」は三毛猫であり、
三毛猫は猫であり、
猫は哺乳類であり、
哺乳類は動物であり、
動物は生物である



ということがわかるということです。



これは簡単な例で
誰もが当たり前と感じるかもしれません。
むかし理科の事業で習ったよ、と。



しかし、
これ(上位概念、下位概念)が仕事になると
わからなくなってしまう人が多い。



これが出来る人は
仕事に優先順位を付けられる人で
効率的に仕事を進められたりします。



というわけで、さきほどの
「ぱれたん動物園」のロゴタイプが、
「動物園」と読めてしまう理由は
このゲシュタルト能力のなせる技、
ということなんですね。



そして、
バスケットボールの広告が
バスケットボールだとわかりづらいのは、
人間のゲシュタルト能力を利用しきれて
いないから、ということに他なりません。



私たちの「デザイン」という仕事は
このゲシュタルト能力を利用している、
と言い換えてもいいわけなんです。



ちなみに、
このメルマガで何度も登場する
「メリコの法則」の「リ」、



・理解できること



は、
言葉や図を使って
わかりやすく理解させているか、
ということもあるのですが、



ゲシュタルト能力的に
正しく解釈できるか、
という意味も含んでいます。



たとえば超極端な例ですが、
ブラックコーヒーのデザインを
オレンジジュースのパッケージに使うと、



誰もがブラックコーヒーだと勘違いし、
オレンジジュースだとわかったあとでも
購入にブレーキがかかります。



そうなると、
好奇心で買う人は一定数いますが、
売れつづけるのは難しい商品になります。



ちなみに、
社内でカンタンなチラシなどをつくられる際に
もしかしたら役に立つかもしれない情報も
少しだけご紹介します。



以下の3つは
「プレグナンツの法則」というやつで
(覚えなくていいですけども)、



人間が
ゲシュタルトを知覚するときの法則です
(※すべてWikipediaから引用)。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・近接の要因

近接しているもの同士はひとまとまりに感じます。



たとえば以下の図では、
近接している2つの縦線がグループとして
知覚されます。


 ||    ||    ||


離れた縦線同士はグループにはなりにくいです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・類同の要因

いくつかの刺激がある時、
同じ種類のもの同士がひとまとまりに
なりやすいです。



たとえば以下の図では、
黒い四角と白い四角のグループが
交互に2つずつ並んでいるように
知覚されなます。


黒白と白黒のグループが
交互に並んでいるようには
知覚されにくいです。


□■■□□■■□□■■□□■■□□■



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●閉合の要因

互いに閉じあっているもの同士(閉じた領域)は
ひとまとまりになりやすいです。


たとえば以下の図では、
閉じたカッコ同士がグループをだと認識されます。



「 〕」と「〔 」同士では、
グループとして認識されにくいです。


  〕〔   〕〔   〕〔   〕〔

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ちょっと、
マニアックな話しすぎましたかね。。。



でも、
こういったことを理解して
チラシやプレゼン資料のレイアウトを組むと、
伝わりやすさが圧倒的に変わってきます。



●
ゲシュタルトをうまく利用した
実際のデザインを見てみましょう。



たとえばこのロゴをご覧ください。
→http://bit.ly/2gP1oaJ 



ちょっと前に放送していた
有名なテレビ番組のロゴですね。



ロゴタイプ(文字)のところを
よく見てみてください。



「S」って
よくみたらSじゃないですよね。



「R」なんて
左の縦棒「|」がないです。



でも「SPORT」と読めるわけです。
これ、見る人のゲシュタルト能力を
利用したデザイン。



他にもこちら
→http://bit.ly/2eKRmDd
(出典:静岡時代) 



これ、
「静岡時代」って読めますよね。
でも一文字ずつ見てみると
めちゃめちゃ崩しています。



人間のゲシュタルト能力を
限界まで利用したデザインです。



他にも、



・ミズノ
→ http://bit.ly/1OYqN8S



言わずと知れた大手スポーツメーカー。



先頭の「M」は大きく崩していますが、
「Mizuno」と読めるのは
ゲシュタルト能力があるから。



・鉄道博物館
→ http://bit.ly/1NheROQ



これもゲシュタルト能力を利用した
抽象化の好例です。汽車の車輪とわかります。



・卑弥呼
→http://bit.ly/1OXw16s



女性の靴ブランドです。



ロゴタイプ(文字)を
見てもらいたいのですが、
これって一見、ただの文字に
見えるかもしれません。



でも、
なんとなく高級感を感じませんか?



これが、
こうなったらどうでしょう?
→http://bit.ly/2f8kghf



オシャレな靴のブランドとは
とうてい感じませんよね。
これもゲシュタルトのひとつですね。



どうですか?
個人的にはこれはとても面白いし
めちゃめちゃすごいことだと思います。



さて、最後に。。。
おまけというか余談というか。



あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ



これ、ずっと見ていると
「あ」の集合体には見えず
模様のように感じたり、



「あ」の形ってこんなんだっけ?
と感じたりしませんか。



これを
「ゲシュタルト崩壊(通称:ゲシュホ)」
といったりします。



さて、
今日はとってもお勉強チックなお話でした。
なんとか楽しんでもらえるように
お話したつもりですが、いかがでしたか?





今回はここまでです!





津久井




好評いただいてます。
--------------------------------------

どんなことでもお聞きください!!

★デザイン無料相談フォームはこちら!
→ http://bit.ly/FOETmu


・お客さまの声 映像版!
→ http://bit.ly/1zoPxPe

・ビズアップFacebookページ
→ http://on.fb.me/tat0VW

・代表津久井FaceboOK
→ http://on.fb.me/xw0ezH

・ビズアップtwitter
→ http://bit.ly/xG4wHW
--------------------------------------




※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!




【連絡先】

・お電話:03-5738-8265
   担当:津久井
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井宛
   24時間メール受付中

代表津久井と豊富なデザイナー陣
ロゴに関するお問い合わせフォーム

迷ったらすぐお電話!

電話注文のご案内はこちら

0120653765

■本社
ビズアップ東京オフィス

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-7
ART-1ビル2F
TEL:03-5738-8265
FAX:03-5738-7659

■大阪支店
ビズアップ大阪オフィス

〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4-2-28
甲南アセット中之島ビル7F
TEL:06-6147-6056

>>会社概要はこちら

プライバシーマーク登録番号第10840549(01)号
お支払い方法
独立/社長就任/周年のお祝いなどそれがロゴ作成ギフト券!!
  • 社内での検討用・稟議用の資料(無料・PDF版)をご用意いたしました。
  • ロゴを作成いただいたお客さまへのインタビュー
  • 弊社制作ロゴマーク&お客様企業メディア紹介事例
2015.6.5(金)
ロゴ受注10,000件達成記念!
『 お客様大交流会 in 東京 』

開催ご報告はこちら

13,000社超のロゴマーク作成、受注実績

  • ロゴマーク作成実績(2000点以上掲載)
  • 無料で3案以上ご提案、気にいった場合に料金発生
  • ロゴを作成されたお客さまの事例
  • ロゴを採用されたお客さまの声
  • ロゴ作成検討中の方へ-弊社の方針-

ビズアップのデザイナーについて

  • ビズアップ最大の特徴-御社に最適なデザイナーが必ず見つかる!-
  • デザイナー紹介
  • クオリティの高いデザイナーをご紹介するために
  • デザイナーの指名やコンペ形式も可能

ご依頼から納品までの流れ

  • ご依頼〜納品までの流れ
  • 「イメージが伝わらない」失敗を防ぐ独自のヒアリング体制
  • 40名以上のデザイナーから、御社にピッタリのデザイナーが担当
  • 無料で提案でもコンセプトシートを作成
  • 修正は5回まで無料で対応
  • 強引な説得はしません
  • 名刺や封筒などのデザインもトータルで対応可能
  • ご依頼フォーム
  • FAXでのご依頼

作成料金について

  • 作成料金について
  • ロゴマーク制作オプション
  • お支払いについて

ロゴの法的・権利的な事について

  • 著作権について
  • 商標登録について-提携弁理士事務所による無料調査-
  • 守秘義務や業務委託の契約を事前に結ぶことも可能

ビズアップについて

  • 会社概要
  • 代表・スタッフ紹介
  • メディア掲載履歴
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

お役立ちコンテンツ

  • よくいただくご質問
  • よいロゴとはどういうロゴか?
  • ロゴマトリックスで考えるロゴの役割とは
  • ロゴ決定、どの案にするか悩んだ時
  • お客様にいただいたメール-ロゴの使命-
  • 6月5日は日本記念日協会認定「ロゴマークの日」
  • 弊社でデザインしたロゴを盗用してしまったラーメン店の例
  • 他社との比較表
  • お客様へのお約束
  • 社内検討用の資料をご用意しました

新着情報

メールマガジンバックナンバー

ロゴマークお役立ち情報

協力Webデザイナー募集
ロゴブログ
みんなでとめよう温暖化 チームマイナス6%
ロゴオブザイヤー2016
東京の社長.tv 株式会社ビズアップ 津久井 将信
日刊すごい人 1万社以上のロゴ作成実績を持つロゴマーク専門会社を立ち上げたスゴい人!