商標登録



商標登録の怖さを知ってください。プロに頼むのが一番です。

ビズアップ代表取締役 津久井が思い知った商標登録の怖さとは?

ビズアップ代表取締役 津久井の商標登録に関するエピソードをご紹介します。

ビズアップを創業して4ヶ月目のことです。突然、私のマーケティングの師匠ともいうべき方からメールが来ました。

「君のホームページが盗用されている」

私はびっくりしました。

「小さくはじめたこのビジネスの私のホームページを見つけ出して、キャッチコピーやロゴマーク、ホームページのデザインの調子まで盗む人がいるなんて!」


しかし、盗まれるということは、私のホームページが「評価されている」ということでもあると思い、最初は私のホームページを見つけ出して盗用したことに「感心」すらしてしまうという、なんともな楽天家ぶりでした。

私はまだそのとき、商標登録の怖さを知りませんでした。


お師匠さんや、周りのお世話になった方から話を聞いていくうちに、「もし、私よりも先に相手方がロゴマークの商標をおさえてしまったら、私は今のロゴマークを使用して、このビジネスができなくなってしまう」ということがわかったのです!

ビズアップのロゴマークは私のまわりの方やお客様からかなり評判がよく、わたしとしてもかなり愛着をもっていたものでしたので、そのことが判明したときに私は顔面蒼白になりました。

お客様に「商標は大事ですよ」とさんざんいっていた私が、商標の登録をしておらず、ロゴマークの使用権をなくしてしまうなんて!情けない!


私はすぐに、弁理士事務所の先生に相談を持ちかけました。


「すぐに手続きしましょう(暗い声で)」


ちょっと怒ってらっしゃったんでしょうか。それともあきれていたのでしょうか。それもそうです。ロゴマークのデザインに携わる私が商標登録をしていなかったのですから。


急いで商標登録の依頼をかけ、先生に動いていただくうちに、さらに問題が出ました。

「ビズアップという商標はすでに押さえられている」


愕然としました。私がビズアップでやりたかったデザイン以外のサービスは、すでに別の会社が「ビズアップ」の名前で商標をおさえていました。


商標というのは、「どのような商売か」ごとに、「区分」というのがわかれており、その「区分」が重なっていなければ、同じものを使用できることになっています。「ビズアップ」の名前で私が提供を許されるサービスはロゴマークのデザイン、つまり「デザイン業務」のみでした。

「これではビズアップという会社の将来の可能性は一気にせまくなってしまう」


私はまたしても暗い気持ちになりました。「どうすれば私はデザイン以外のサービスを扱えるようになるのだろう」とずっと考え込んでしまいました。


しかし、素人の私がいくら考え込んだところで、解決策が出るわけはありません。なぜ、そのことに気付かなかったのか。


私の暗い気持ちを一気に吹き飛ばしてくれたのは、やはり商標の『プロ』である、弁理士の先生でした。


「サービス名称を変えれば、そのサービスを扱えますよ」


そうなんです。商標というのは、「商品の名前」についての権利なので、会社名は関係ないのです(「関係ない」といったら語弊がありますが)。そして、私は弁理士の先生のアドバイスのもと、別のサービス名称の商標を申請し、デザイン業務以外のサービスを無事開設することができたのです。


気をつけてくださいね。知らず知らずのうちに自分が権利をもっていると思い込み他人に使われたり、逆に、自分がどこかの会社の権利を侵している可能性があるということ。


これが津久井からの商標に関するメッセージです。気になる方は一度ご相談ください。

商標登録の認定書
もちろんビズアップも商標登録済みです。
●とっても簡単!商標登録ご依頼方法
ロゴマークご注文時に、オプションサービスを選択できる項目がございます。その中の「商標登録」にチェックを入れてください。

その後、ビズアップでロゴマークを作成、ある程度デザインの方向性が固まった時点で、提携先であるJAZY特許事務所が商標の調査を行います。「問題なく商標を申請できる」という判断が出たら、先にロゴマークを完成させます。


その後は、さまざまなトラブルを避けるため、お客様とJAZY特許事務所との間で直接お打ち合わせいただき、商標の申請をしていただきます。

●料  金
料金は、ロゴマーク作成料金にプラスして、
[A.商標の出願時費用+B.商標の登録時費用+C.商標登録料実費+D.著作権譲渡料]となります。
A. 商標の出願時費用
【出願時】62,000円(※1商標1区分の場合)

(内訳)
出願印紙代12,000円 ※特許庁へ納付するもの
成功報酬前受金50,000円 ※JAZY特許事務所に預けるもの
※万が一、登録に至らなかれば、上記の成功報酬前受金(50,000円)は
全額返金されます。

B. 商標の登録時費用
24,400円(※1商標1区分の場合)

(内訳)
登録印紙代21,900円 ※特許庁へ納付するもの
消費税相当額2,500円 ※成功報酬50,000円に対する5%
※登録のタイミング(登録時費用が必要なタイミング)は、
概ねAの出願から半年後となります。

C. 商標登録料実 費(特許庁へ支払い)
D. 著作権譲渡料52,500円
※A及びBの費用は、お客様が1区分(特許庁が産業別に45種類に区分けしたうちの1つ) をご指定された場合の料金モデルです。区分数が増えると、料金は異なります。

※こちらの費用は、A、B、CはJAZY特許事務所に直接お支払いいただく形になります。 Dのみ弊社ビズアップにお支払いいただく形になります。

●特許事務所のご紹介 〈JAZY(ジェイジー)特許事務所〉

JAZYさんは、ネット系の商標登録サービスで過去5年間、出願代理件数が第1位という実績のある特許事務所です。サービスの特徴としては、成功報酬型であること。
万が一、登録に至らなければ事務所費用が全額返金となるので、リスクなしで出願が可能です。料金体系もシンプルで、費用は業界水準の半額以下。とても利便性が高い特許事務所さまです。

このたび、JAZYさんから、商標登録の啓蒙活動につながればということで、ビズアップ特別プランをご用意して頂きました。このプランは、出願のご意思に関わらず、通常3万円商標調査{特許庁の審査官がおこなう約30の審査項目(不登録事由)に照らした厳密調査}を無料でご提供していただけます。これを気に、是非とも、商標調査をしてみてください。

●無料商標調査のお申し込み方法

JAZY(ジェイジー)特許事務所のフリーダイヤル(0120-064-660)に直接、お電話をしていただき、@ビズアップの紹介、A無料商標調査の依頼ということをとお伝えください。

そうすれば、あとはJAZYさんが、親切に対応してくれます。
ちなみに、調査結果は、3営業日程度でわかるとのことです。

●商標登録のメリット

商標登録をすれば、そのロゴや名前を独占的に使用することができます。
類似のロゴや名前を第三者が商標登録することも出来なくなります。
万が一、第三者が類似のロゴや名前でビジネスをしていることを発見した場合、警告をおこなったり、損害賠償請求や信用回復処置などの法的手段をとることも可能となります。

●商標調査でわかること

商標調査を行えば、登録の可能性がわかるとともに、既に同じようなロゴや名前が登録されてしまっていることが判ります。
これは大変残念ですが、速やかに、名前を変更する必要があります。もし、そのまま、同じようなロゴや名前でビジネスを進めてしまうと、差し止め請求等により、ビジネスが出来なくなる可能性があります。
また、損害賠償(例:過去の売上の5%相当額)を請求されたり、せっかく作った印刷物・看板・WEBなどが、全てつくり直しとなることも十分あり得ます。

このよう、他人の商標権を侵害してしまうと、後々のリスクは計り知れません。相手側に先に商標を登録されてしまうと、一部の例外を除いて、残念ながら、その対抗手段はありません。そういうリスクを回避するためにも、商標調査や登録出願は、ビジネスのスタート前に必ずご検討頂ければと思います。

→JAZY特許事務所のホームページはこちら