ロゴ制作虎の巻2冊無料進呈中!!

この3つを見るだけで依頼できます!

ここまでやって無料提案
作成料金について
ご依頼~納品までの流れ

デザイナープロフィール藤本 洋史

代表作

――代表作をご紹介ください。

< 株式会社ワイオリさま >

水道工事をメインとする建設業者さまで、希望されるイメージのひとつに筆で描いたような和テイストのロゴを好まれておりました。
和とは異なる業種と英語の社名から、違和感なく表現するにはどうすれば良いか、私の中では比較的難易度の高い案件でした。
結果的に何十パターンも筆のラインやレイアウトを検証し、筆文字ではなく水の流れを筆で表現する方法を選びました。
マークは配管を流れる水を断面的に捉えたものを筆タッチで抽象的に表現しております。
競業他社のロゴにはない発想ということで大変気に入っていただき、初回のご提案ですぐ決定されました。

< 司法書士法人はたの法務事務所さま >

30年以上の実績を誇る法務事務所さまで、マークのみのご依頼でした。
コンセプトがしっかりしているデザインをご希望で、他社に依頼した際にコンセプトが弱く決定に至らずビズアップへ依頼されたという経緯がございました。
主に債務整理に強い法務事務所なので、「智恵を使った平和的な解決」「債務者の苦しい生活からの解放」をテーマに、平和の象徴である鳩とオリーブを掛け合わせたものにしました。
オリーブには「平和」「智恵」「勝利」「安らぎ」という花言葉があり、事業内容にふさわしいロゴマークに仕上がったかと思います。

< 株式会社美ホールディングスさま >

化粧品の製造販売をされている会社さまで、ロゴタイプと併せてパンフレットと封筒と名刺の同時作成のご依頼でした。
無駄な装飾をはぶいたごくシンプルな文字のみでデザインしてほしいということで、女性らしい色合いと、線の細さで企業のイメージを反映し、初回のご提案で決定されました。
ロゴと販促物を同時に制作したので、統一感を出すことができたかと思います。

藤本 洋史の「デザインの信条」

――藤本さんのデザインの信条を教えてください。

全てのデザインに芯を持たせるのが信条です。
人間や動物には骨があり、建築物には柱があるように、デザインもそれを支えるコンセプトという芯があって成り立つものと考えているからです。言い換えれば、芯のないデザインはデザインにあらずという思いで取り組んでいます。
もちろん過去の経験でしたり、アイデアの引き出しがあった上でのことですが、デザインの芯が定まって伝えたいことが明確になれば、おのずと道が開けてくるといいますか、ある程度の形が見えてくるのです。

藤本 洋史さん

――芯のあるデザインにするために気をつけていることはありますか?

デザイナーとしてではなく、一個人としてエンドユーザーの目線に立って、お客さまの声をしっかり汲み取ることを徹底しています。
例えば、お客さまの商品やサービスを自分がお金を払って利用する時のことを想像し、例えばどんなロゴがあったらうれしいか、あるいはそれを他人にも勧めたいかどうか。そういったひとつひとつをじっくり吟味していくんです。

もちろん、自分の生活からかけ離れるサービスや、自分には知識のない商品もございます。そういった場合は、資料や書籍、インターネット等、様々な情報を調査し、それをもとにイメージを補いながら形にしていきます。
ただ、やっぱりパソコンの前に座っているだけでは、コンセプトが浮かばないのも確かです。外に出て、自分の足で歩いて何かを発見することが重要だと思っています。悩んだ時は書店巡りですとか、それこそ街歩きをしていろいろな看板からヒントになる要素がないかを探ったりですとか、そんなふうに一日を費やしてしまいますね。

ともかく一番時間がかかる工程ですが、逆にその芯が定まればデザインの半分は完成とさえ思っています。後はお客さまの要望に沿って肉付けしてゆけば、芯のあるデザインとなるからです。

ロゴ制作にあたって、気をつけていること

――ロゴ制作を行うにあたって、気をつけていることはなんですか?

お客さまが疑問に思われたことは、感情的にではなく論理的に説明できるデザインを心がけているんです。

パーツのひとつひとつに意味を持たせることです。
「なんとなくかっこいいから」とか、「この方がおしゃれっぽいな」という曖昧な、感情的な表現は避けるようにしています。
なぜかというと、かっこいいとか、かわいいという感覚は、要するにデザイナー自身が感じている勝手な解釈だからです。
そういう感性は個人差があるので、ひとつのデザインをとっても、それを「かっこいい」と感じる人もいれば、「かわいいね」って言う人もいます。

そういうブレが生じてしまう基準ではなく、「どうしてこういう色と形にしたんですか」とか、「この丸い部分はなんですか」とか、それこそ文字の間隔ひとつひとつをとっても、お客さまが疑問に思われたことは、感情的にではなく論理的に説明できるデザインを心がけているんです。

――実際の制作面で、気をつけていることはありますか?

経験上、こんを詰めて作業をすると無意識のうちに自分の癖や好みが反映されてしまって、独りよがりのロゴになってしまうんじゃないかという危惧があるんですよ。
なので、ある程度作業の区切りがついたらそれを一度放ったらかして、別の仕事をしたり、休みを入れたりしますね。要は寝かせるんです。
で、その後、再びそのロゴに取り掛かると、一旦熱を冷ましているんで、例えばパーツそれぞれの意味が誰から見ても納得できるものになっているのかといった点を、主観ではなく客観的な視点から見ることができるんです。その上で、修正するところは修正して、ブラッシュアップしていきます。
時間を空けると新たなひらめきがあったり、いいことがたくさんありますよ。

「「Liar! Liar!」を初めて聴いて以来、B’zのファン」

――プライベートの藤本さんについて、ちょっとだけ教えてください。

太平洋側の室蘭に車を飛ばして、船で沖合の防波堤まで出て釣ってきました。

アウトドアが好きなので、ある程度長い休みが取れたらキャンプや釣りに行きますね。
防波堤のテトラポットの間や岩場の陰にワームという疑似餌を落として、隠れている根魚を狙う釣りなんです。特に難しいわけではないので初心者でもできますよ。
私は札幌に住んでいるので、先日は太平洋側の室蘭に車を飛ばして、船で沖合の防波堤まで出て釣ってきました。太平洋側では結構でかい魚が釣れるんです。

またここ数年はロックフィッシュにハマっています。
14歳の時、「Liar! Liar!」を初めて聴き、松本さんが奏でる攻撃的なギターサウンドと稲葉さんのハイトーンボイスに一気に心が持っていかれて以来、かれこれ20年B’zのファンをしています。

自分の青春はまさに音楽一色。ギターを買い、学校から帰宅すると毎日6時間は練習して、「自分も同じ舞台に立ちたい!」なんて憧れをずっと抱いていましたね(笑)
松本さんがデビュー前に楽器屋で働きながら音楽活動していたことを知ると自分も楽器屋で働いて路上ライブをしたり、オーディションを受けたりもしました。

かれこれ20年B’zのファンをしています。

最近は仕事が多忙で弾けてないですが、以前はB’zのコピーバンドにギターとして参加したりして、B’zを知らなければ見えなかった世界を見ることができたのは貴重な経験です。

またそこで知り合ったB’zのコピーバンドの北海道内最大規模のライブの告知ポスターなんかも手がけました。
お二人の顔を当時までに発売された曲のタイトルで表現したポスターで、コピーバンドでこういう凝ったポスターを作ることは滅多にないためとても喜ばれたのを覚えています。

結成から30年、今も変わらない声量を保つ稲葉さんのストイックなライフスタイルや、松本さんの「ここまで来れたのは他の人よりギターが好きなだけだった」というある意味純真な子どものような気持ちは、舞台や規模が違えど、同じ表現者として尊敬と同時に見習える部分がいっぱいあるなと日々痛感しています。

その他のロゴ実績

古谷洋傘様

古谷洋傘様

お客さまへのメッセージ

――お客さまへのメッセージをお願いします。

ロゴは会社やお店の顔となり、事業を継続される以上いつでもついて回る唯一のデザインです。
昨今デザインは世にあふれ、いいものも悪いものも氾濫している状況ですが、そんな中でこのビズアップのホームページに来られたことは、いいデザインに巡り会えるまたとないチャンスだと思います。ぜひ本物のデザインを味わってください。

また私は、広告デザインのプロフェッショナルとしてチラシやDMなど年間1000件を超えるほどの広告デザインを手がけています。お客さまのロゴとご一緒に、広告デザインのご提案も可能です。

デザイナープロフィール藤本 洋史

Design Production NEONE
藤本 洋史
Hirofumi Fujimoto

略歴
2007年 デジタルハリウッド札幌校 総合Proコース
DTPアートディレクター専攻卒業
2007年 広告代理店でグラフィックデザイナーとして勤務
2009年よりフリーランスデザイナーとして活動
2012年4月よりビズアップ協力デザイナー

主な実績
フリーに転身後、一般企業・自営業・デザイン会社・広告代理店からの依頼でチラシ、ポスター、ロゴ、名刺、DMなど、年間1000件以上の広告デザインを手がける。

※ 取材日時 2017年6月
日本で一番たくさんロゴをつくっている会社から御社だけのオリジナルロゴ3案の無料提案を受ける
0120653765
受付時間平日10:00~18:00 /担当:林・菅・寺本・江田

ページトップへ戻る

代表津久井と豊富なデザイナー陣
ロゴに関するお問い合わせフォーム

迷ったらすぐお電話!

電話注文のご案内はこちら

0120653765

ビズアップ東京オフィス

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-7
ART-1ビル2F
TEL:03-5738-8265
FAX:03-5738-7659

>>会社概要はこちら

プライバシーマーク登録番号第10840549(01)号
お支払い方法
独立/社長就任/周年のお祝いなどそれがロゴ作成ギフト券!!
  • 社内での検討用・稟議用の資料(無料・PDF版)をご用意いたしました。
  • ロゴを作成いただいたお客さまへのインタビュー
  • 弊社制作ロゴマーク&お客様企業メディア紹介事例
2015.6.5(金)
ロゴ受注10,000件達成記念!
『 お客様大交流会 in 東京 』

開催ご報告はこちら

13,000社超のロゴマーク作成、受注実績

  • ロゴマーク作成実績(2000点以上掲載)
  • 無料で3案以上ご提案、気にいった場合に料金発生
  • ロゴを作成されたお客さまの事例
  • ロゴを採用されたお客さまの声
  • ロゴ作成検討中の方へ-弊社の方針-

ビズアップのデザイナーについて

  • ビズアップ最大の特徴-御社に最適なデザイナーが必ず見つかる!-
  • デザイナー紹介
  • クオリティの高いデザイナーをご紹介するために
  • デザイナーの指名やコンペ形式も可能

ご依頼から納品までの流れ

  • ご依頼〜納品までの流れ
  • 「イメージが伝わらない」失敗を防ぐ独自のヒアリング体制
  • 40名以上のデザイナーから、御社にピッタリのデザイナーが担当
  • 無料で提案でもコンセプトシートを作成
  • 修正は5回まで無料で対応
  • 強引な説得はしません
  • 名刺や封筒などのデザインもトータルで対応可能
  • ご依頼フォーム
  • FAXでのご依頼

作成料金について

  • 作成料金について
  • ロゴマーク制作オプション
  • お支払いについて

ロゴの法的・権利的な事について

  • 著作権について
  • 商標登録について-提携弁理士事務所による無料調査-
  • 守秘義務や業務委託の契約を事前に結ぶことも可能

ビズアップについて

  • 会社概要
  • 代表・スタッフ紹介
  • メディア掲載履歴
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

お役立ちコンテンツ

  • よくいただくご質問
  • よいロゴとはどういうロゴか?
  • ロゴマトリックスで考えるロゴの役割とは
  • ロゴ決定、どの案にするか悩んだ時
  • お客様にいただいたメール-ロゴの使命-
  • 6月5日は日本記念日協会認定「ロゴマークの日」
  • 弊社でデザインしたロゴを盗用してしまったラーメン店の例
  • 他社との比較表
  • お客様へのお約束
  • 社内検討用の資料をご用意しました
  • 【10,000社の実績】プロが実践しているロゴの作り方16工程!

新着情報

メールマガジンバックナンバー

ロゴマークお役立ち情報

協力Webデザイナー募集
ロゴブログ
みんなでとめよう温暖化 チームマイナス6%
ロゴオブザイヤー2017
東京の社長.tv 株式会社ビズアップ 津久井 将信
日刊すごい人 1万社以上のロゴ作成実績を持つロゴマーク専門会社を立ち上げたスゴい人!