ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

30 points of Logo Design -Part9-

第2章 ロゴを依頼するときのポイント

【Point9】ロゴを依頼したい人は大きく2つに分けられる

ロゴを依頼したいは、大きく2つのパターンに分けられます。

1、どういうロゴを作りたいか、イメージがある人
2、どういうロゴを作りたいか、イメージがない人

まずはご自身(または決裁者さま)がどちらかを把握しましょう。そこが第一歩です。

【イメージがある人の場合は…】

  • イメージに近い他社のロゴデザイン、イメージに近い他社のホームページやパンフレットなどのデザイン制作物を集めると良いでしょう。
  • さらに具体的にイメージがある場合は、デザイナーに見せるため手書きでラフスケッチを作る、などの方法もあります。

【イメージがない人の場合は…】

  • まずは、ご自身の業種らしさをロゴに出したいか考えてみましょう。
    たとえば、住宅関連のビジネスをされている場合は「家」などの具体的なモチーフを入れたいか、それとも入れたくないか、などです。
  • 業種らしさを出さなくても良い、出したくない場合や、サービス業で具体的なモチーフを使えないご商売の場合、もしくは具体的なモチーフを使いたくない場合は、抽象的な「キーワード」を思い浮かべてみましょう。
    たとえば「さわやか」「信頼感」「人のつながり」「シンプル」「立体的」などです。

どんな言葉でも構いません。

トップへ戻る

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com