ビズアップ代表について

代表取締役 津久井のプロフィール

代表取締役 津久井

1976年6月8日生まれ、東京都練馬区出身。
横浜国立大学経営学部卒。

家庭配置薬業(富山の置き薬屋さん)を経営する両親の元で、
小学生の頃からお客さまの電話対応など商売に触れながら育つ。

小中学生時代、普通すぎて存在感のない自分に強いコンプレックスを持ち、以降、どうすれば人に存在感や存在価値を認めてもらえるのか、どうすれば人との違いをアピールできるのか、ということばかり考えて過ごす。

その結果、偏差値50の高校から推薦で国立大学現役合格(朝礼で快挙と発表される)、バンドで大手レコード会社からCDをリリース、
新卒入社3ヶ月で営業成績TOPなどの実績をあげる。

妻の出産5ヶ月前という非常識なタイミングで、各方面から非難を受けながらも独立、5ヶ月でビジネスを軌道に乗せる。

自身の存在感、存在価値を上げることばかり考えていた結果、お客さまの会社・商品・店舗の存在感・存在価値を高める「ロゴマーク」のビジネスに自然と辿り着く(これは独立後に代表自身の自己分析で判明)。

普通すぎる、存在感がないという理由で、本当は素晴らしい能力を持っている人や会社を、デザインとマーケティングを駆使して広く世の中に知ってもらえるようにすることが信条。

企業や店舗などの存在感を高めるロゴマークデザインの専門会社として、 9年間で業界平均3~5倍の10,000以上のクライアントからロゴ作成を受注。

あわせて腕が良いのに日の目を浴びないデザイナーを発掘し、
テレビ出演を果たしたデザイナーや作品が本に掲載されるほどのデザイナーを多数輩出。

私はなぜロゴマークの仕事を選んだのか?(代表津久井からのごあいさつにかえて)

ビズアップのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

前述のプロフィールにもあるように、私は小さいころからまわりの友人たちが、勉強やスポーツ、はたまた「ひょうきんさ」など何かの特技を発揮し、先生や他の友人たちから一目置かれているという中で、自分の存在感をみんなに主張できないことにコンプレックスを持ちながら育ちました。

どうすれば自分もみんなに認めてもらえるのか、どうすれば自分をもっとわかってもらえるのか、そのような一見エゴとも言えるコンプレックスの中でもがいていたのです。そんな生活は中学校卒業まで続きました。

高校生になると、少しずつ自分の見せ方、自分の良さの伝え方などを感覚的につかんできました。恐れず人よりも目立つことをした結果、非難を浴びることももちろんありましたが、多くの仲間を得ることができ、前述のような結果を手にすることができたのです。

実は、会社を「経営する」ということも私にとっては存在感や存在価値を多くの人にアピールする手段の一つでした。では、なぜロゴマーク専門のデザイン会社なのか。

最初は単なる思いつきでした。独立することだけは決心していましたので、どんな仕事で独立しようかと毎日考えていた結果、本当に天から降ってくるような感覚で「ロゴマークだ!」と思いついたのです。

しかし、その後あるビジネススクールで自分を徹底的に掘りさげる課題に3ヶ月間かけて取り組んだ際に、最後の最後までもがき苦しんで「なぜ今の自分が今の自分であるのか(私の場合ロゴマーク専門のデザイン会社経営なのか)」をやっとの思いで探り当てたときにわかったのが、私の原動力は小さいころのコンプレックスだったということでした。

ロゴマークとは、企業や店舗、商品の存在価値の軸をつくり、それを基にその存在感を高め、広めるものです。私は自分の経験から自分以外の人たちの存在感、存在価値を高めるという仕事を自然と選んでいたのです。これが私がロゴマーク専門のデザイン会社を作った本当の理由です。

「自分以外の人たち」とは、お客さまはもちろんのこと、契約しているデザイナーやスタッフも含まれます。私たちのサービスの特徴は、多くのフリーランスデザイナーと契約するという他社にはない違いにありますが、これを採用する理由は、お客さまにとってのメリットだけではありません。

日本にはピカ一の技術を持ちながらも、その存在感、存在価値を高めるすべを知らずに埋もれているデザイナーがまだまだたくさんいます。そういったデザイナーの存在感や存在価値を高めることも私のミッションだからです。

私は思います。この一見エゴのような私の小さいころのコンプレックスは、持っておいてよかったと。

実はこの世の中には、とてもすばらしい技術を持った人、特徴を持った商品やお店がたくさんあるはずです。でも、その存在感を高め、存在価値を広く伝えるということができないことで、そういったすばらしい人やモノがたくさん埋もれてしまっているのです。

もしお客様がそういったすばらしい何かをお持ちなら、その存在感、存在価値を高めるお手伝いをするのが、私たちの仕事です。

また、デザイナーの中にも、有名ではなくても本当に腕の良い人がたくさん埋もれています。そういった人たちの価値を正しくお客様に伝え、デザイナーの存在感を上げることも私たちの仕事です。

私は、デザインだけでなくマーケティングも得意ですが、デザインもマーケティングも存在価値、存在感を高める、広めるための手段なのです。だから得意なのです。

関わった人の存在感、存在価値を高め、広く世に知らしめることが私の使命です。それをビズアップという会社、ロゴマークデザインというサービスを通して実践しています。

Biz-up!津久井将信

代表取締役 津久井の細かい経歴
(お時間があるようでしたらお読みください)
代表取締役 津久井の細かい経歴

1976年6月8日:
心臓に雑音を持って誕生。生まれたとき泣かなかったので、母親は死んで生まれたと思ったという。

2歳半の頃:
沸騰したミルクをこぼし、腕に大やけどを負う。今でも火傷の痕が残る。物心ついてからの初の記憶。

小学1年生頃:
肺炎で死にかける。両親が医者から「覚悟しておいてください」と言われる。

小学生時代全般:
運動も普通、クラスの人気も普通、勉強も普通、通信簿の全教科で「ふつう」の成績をとり、存在の薄さにコンプレックスをもつ。総じて虚弱体質。

中学1年生頃:
旅先で重度の急性腸炎にかかり、病院送りに。病室が空いていないという理由で入院できず追い返される。2週間以上学校に行けず。小学生の時の存在の薄い自分を見返すかのようにクラスで悪目立ちしすぎ、主張しすぎてイジメにあったことも。

中学3年生頃:
所属していたサッカー部が練馬区で優勝する。しかし、保護者が大勢見に来るような試合でレギュラーどころかベンチにも入れず(後輩は入っている)、ひどくコンプレックスを持つ。このころもまだ虚弱体質。

高校1年生頃:
好意を抱いていた女の子を追いかけて、自分の偏差値より15ほど低いおバカ高校に入学した結果、成績トップとなる。

高校3年生頃:
当時組んでいたバンドで、ボーカルとしてラジオ番組(ニッポン放送)に出演を果たす(このバンドはその後活動休止)。成績が(自動的に)トップだったおかげで、推薦で国立大学に「まぐれ」合格。全校朝礼で「数十年ぶりの快挙」と発表され注目を受ける。このころ自分の存在価値を人に示す方法をなんとなく掴む。

大学1年生頃:
横浜国立大学経営学部経営学科入学。馬鹿高校から入ったというコンプレックスのため、生まれて初めて「予習」をする。

大学4年生頃:
存在感をアピールしたい一心で新しいバンドで活動を開始。マキシシングルをリリースする。就職活動時、なぜかゼミの教授に気に入られ、超大手の銀行どこでも就職の紹介をしてやるといわれるが、すべて断り、零細企業に入社。

社会人1社目:
新卒で入った零細企業でデザイン・印刷の営業兼ディレクターを6年間つとめる。社長が営業していた一番大きなクライアントを入社3ヶ月でいきなり引継ぎ、営業成績が自動的にトップに。若くして主任になり部下を持つ。二足のわらじで活動していたバンドで大手レコード会社よりフルアルバムを発売。デビューする可能性もあったが、メンバーの失踪によりバンドはあえなく空中分解。

社会人2社目:
「独立したい」という思いから新天地を求め転職。転職先の会社に営業で入社するも、取締役に気に入られマーケティング部に異動。運命的な師匠との出会いを果たし、取締役直属の部下としてマーケティングの勉強をひたすら行う。

社会人3社目:
独立をしようと試みるが、貯蓄がなくて2ヶ月弱であえなく断念。2社目の時の取引先だった会社の社長にヘッドハンティングされ、ベンチャー企業に入社。入社5ヶ月で年俸120万アップ、三階級特進の課長代理を拝命。

2006年:
4月に結婚。5月にいきなり子供ができたことが判明し、あわてて独立準備。8月に会社を辞める。嫁には「子どもが生まれてもメシが食えなかったら会社員に戻るので挑戦させてください!」と懇願。子供が産まれる5ヶ月前という常識ハズレのタイミングで独立に踏み切る。9月、個人事業としてビズアップを創業。

2007年:
1月に無事、長男が生まれる。3920gの巨大児。3月、ビジネスが軌道に乗り始め、事務所を開設。9月、創業からちょうど1年で株式会社に。法人化を果たす。

2012年:
創業から5年で受注実績が5,000件を突破する。

2013年現在:
創業から6年で受注実績が6,000件を突破する。社員数7名(パート含む)、契約デザイナー約40名以上。
日本で一番たくさんロゴをつくっている会社から御社だけのオリジナルロゴ3案の無料提案を受ける
ご不明点・お問い合せはお電話でどうぞ 0120-65-37-65 受付時間:平日10時〜18時/担当:林・岡本・寺本

ページトップへ戻る

代表津久井と豊富なデザイナー陣
ロゴに関するお問い合わせフォーム

電話注文のご案内はこちら

■本社
ビズアップ東京オフィス

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷1-21-7
ART-1ビル2F
TEL:03-5738-8265
FAX:03-5738-7659

■大阪支店
ビズアップ大阪オフィス

〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4-2-28
甲南アセット中之島ビル7F
TEL:06-6147-6056

お支払い方法
  • ロゴに関するお問い合わせフォーム
  • NHKや産経新聞などから取材を受けました!
  • 無料で差し上げます!!ブランディングに役立つ4点セット
  • 社内での検討用・稟議用の資料(無料・PDF版)をご用意いたしました。
  • ロゴを作成いただいたお客さまへのインタビュー
  • 弊社制作ロゴマーク&お客様企業メディア紹介事例
独立/社長就任/周年のお祝いなどそれがロゴ作成ギフト券!!
2015.6.5(金)
ロゴ受注10,000件達成記念!
『 お客様大交流会 in 東京 』

開催ご報告はこちら

10,000社超のロゴマーク作成、受注実績

  • ロゴマーク作成実績(1700点以上掲載)
  • 無料で3案以上ご提案、気にいった場合に料金発生
  • ロゴを作成されたお客さまの事例
  • ロゴを採用されたお客さまの声
  • ロゴ作成検討中の方へ-弊社の方針-

ビズアップのデザイナーについて

  • ビズアップ最大の特徴-御社に最適なデザイナーが必ず見つかる!-
  • デザイナー紹介
  • クオリティの高いデザイナーをご紹介するために
  • デザイナーの指名やコンペ形式も可能

ご依頼から納品までの流れ

  • ご依頼〜納品までの流れ
  • 「イメージが伝わらない」失敗を防ぐ独自のヒアリング体制
  • 40名以上のデザイナーから、御社にピッタリのデザイナーが担当
  • 無料で提案でもコンセプトシートを作成
  • 修正は5回まで無料で対応
  • 強引な説得はしません
  • 名刺や封筒などのデザインもトータルで対応可能
  • ご依頼フォーム
  • FAXでのご依頼

作成料金について

  • 作成料金について
  • ロゴマーク制作オプション
  • お支払いについて

ロゴの法的・権利的な事について

  • 著作権について
  • 商標登録について-提携弁理士事務所による無料調査-
  • 守秘義務や業務委託の契約を事前に結ぶことも可能

ビズアップについて

  • 会社概要
  • 代表・スタッフ紹介
  • メディア掲載履歴
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報保護方針

お役立ちコンテンツ

  • よくいただくご質問
  • よいロゴとはどういうロゴか?
  • ロゴマトリックスで考えるロゴの役割とは
  • ロゴ決定、どの案にするか悩んだ時
  • お客様にいただいたメール-ロゴの使命-
  • 6月5日は日本記念日協会認定「ロゴマークの日」
  • 弊社でデザインしたロゴを盗用してしまったラーメン店の例
  • 他社との比較表
  • お客様へのお約束
  • 社内検討用の資料をご用意しました
  • メールマガジンバックナンバー
  • ロゴマークお役立ち情報

新着情報

プライバシーマーク
協力Webデザイナー募集
ロゴブログ
みんなでとめよう温暖化 チームマイナス6%
ロゴオブザイヤー2016
東京の社長.tv 株式会社ビズアップ 津久井 将信
日刊すごい人 1万社以上のロゴ作成実績を持つロゴマーク専門会社を立ち上げたスゴい人!
7年間で大手企業から起業家まで、全国10,000件以上のロゴ受注!
ロゴ制作虎の巻2冊無料進呈中!!