ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2012年08月31日 ビズアップの歴史 メールマガジン 【第148回】:人材採用に関するヨモヤマ話

2014年01月21日掲載開始

 






こんにちは。



ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です!
https://www.biz-up.biz






8月も今日で終わりですね。



子供たちも夏休みが終わり、
また毎日の生活がはじまります。



ちょっとしたさびしさを感じつつも、
気温だけはその余韻に浸らせてはくれませんね。。。



今年の8月は
ビズアップにとってちょっと特別な月になりました。



先月末のメルマガでお伝えしたとおり、
弊社で長年活躍してくれていたスタッフ2名が
7月末に退社し独立、



そんな状態で、
どんなトラブルが起こるかも読めないまま
8月に突入しました。



結果、うれしい悲鳴ではあるのですが
ロゴの依頼が増えてやはり人数が
必要だという結論に達しました。



それで、
今月は募集広告を出したり人の紹介などで
とにかく採用候補の方々とひたすら会いまくっていました。



私自身、何度目かの採用活動でしたが
少しずつ、本当に少しずつですが
見えてくることというか、



わかることが増えてきました。



今日は、
今回の採用活動で感じたことを
本質的なことから一過性のことまで
お伝えしようと思います。




●女性、特に40代以降が元気
●書類ではやっぱりわからなかった
●シンクロニシティはやっぱりある



こんなお話をさせていただきますね。




●女性、特に40代以降が元気



これは一過性のものかもしれませんが、
40代以降の女性がとても元気で好印象でした。



50代以降の女性は
今回の募集では来ませんでしたので、
どうかわかりませんが、



40代の女性は何人かお会いしまして、
悪い印象だった方はいませんでした。



40代女性といえば、
バブル真っ盛りのころの女性で



荒木師匠を思い出すという、
だいぶ偏った思考が私の中にはありました
(荒木師匠をご存じない方はGoogleなどで見てみてください)。



・アッシー君
・メッシー君
・ミツグ君



でしたっけ?
あのイメージです(失礼ですよね、すんません)。



でも、
少なくとも私がお会いした方々は、



・元気
・ていねい
・ヤル気がある



という三拍子揃った方ばかりでした。



といいつつも、
これは40代女性にかぎらずかもですが、
制約条件はあります。



【時間的な制約】
お子さんや旦那さん、場合によっては
高齢のお父さんお母さんがいるので
時間がきっちりした仕事が良い。


【スキル的制約】
女性の場合、「このスキル!」という一点集中型よりも
広く浅くという形でやってこられた方が多いので、
専門的な仕事を任せづらい面がある。


【エリア的制約】
結婚して郊外に家を持っているので
通勤時間が長い、交通費が高い。



これらのボトルネックを解消するためには、
仕事の細分化、単純化が必要だと思いました。



「ここまで細かくしたらできるだろう」
「ここまで簡単にしたらできるだろう」



と言えるところまで仕事の内容を分解し
スムーズな流れを作る必要があると思います。



そうなってはじめて



・元気
・ていねい
・ヤル気がある


の良い所が最大限発揮されるのではないでしょうか。




●書類ではやっぱりわからなかった



これは本質的な話です。



当たり前ですが、
書類で「いいかも」と思っても
会ってみると全然ダメな方がいます。



見た目、話し方などなど、
判断基準はいろいろあると思いますが、



私が最も重要視しているのは、
意外とベタですが



「志望動機」



です。



志望動機の中に、
どのくらい「この会社がいい!」と
感じてくれているかを読み取ることが大事です。



ゴールデン・サークルの「why」を持っているか、
と言い換えることもできます。



私たちはロゴ専門のデザイン会社ですが、
ロゴをつくる会社であれば我々以外にもあります。



その中でも
「ビズアップがいい!」
「ビズアップだからお願いしたい!」
と感じてくださる方が私たちのお客さまです。



スタッフ候補も同様です。



もちろん、
人間ですからそれ以外にも
自分の達成したい目標があって当然です。



自分が達成したいことと会社が達成したこと、
この2つが重なる面積が大きければ大きいほど
採用すべき人なわけです。



なので、
私は必ず「日本一のロゴ会社になる」という理念をお話し、
それにどのくらい共感してくれるかを感じ取るようにしています。



「日本一のロゴ会社になる」活動を通して
自分の達成したいことに近づける、
こんな人と仕事をすべきですね。



「デザインの会社に入りたいから」
という理由だけの人は間違っても採用しません
(今回もいましたので15分で帰っていただきましたが)。



そう考えると、
やはりミッションとかビジョンはとても大事ですね。
ロゴにもそれを盛り込めると最高ですね。




●シンクロニシティはやっぱりある



「シンクロニシティ」
という言葉をご存知でしょうか。



「意味のある偶然の一致」
「共時性」



などとも表現されます。



たとえば、
これは私の経験則からの持論なのですが、



「人生では、必要なタイミングで必要な人が必ず現れる」



というものがあります。



CDをリリースした時のバンドのメンバーとの出会い(方)、
CDをリリースしたレーベルの社長との出会い(方)、
新卒で入った会社での社長との出会い(方)、
独立を決意した時の師匠との出会い(方)、
独立してからの数名のデザイナーやスタッフとの出会い(方)、



これらは自分にとって
「このタイミングしかなかった」
と思える出会い、出会い方でした。シンクロニシティです。



実は今回もそれがありました。



ディレクターを採用するにあたり、
いろいろな人に声をかけさせていただいたのですが、



それとはまったく別に、
採用情報を出していない弊社のHPを見て
問い合わせメールに



「ディレクターとして採用してくれないか」



というメールがきました。



すぐに事務所に来てもらいましたが、
話を聞いてみるとディレクターとしての実績もさることながら



「ビズアップのHPは隅から隅まで見た」



ということで、
私がどんな人間か、
どんな想いでロゴデザインの会社をやっているか、



こういうことを調べられる範囲で
すべて調べてきてくれたわけです。



そして、
日本一のロゴ会社になることにも共感してくれました。



弊社のほうは前述のとおり、うれしい悲鳴ではありますが
注文が殺到、ディレクターの数が圧倒的に足りてない、
いわば「危機的状況」でした。



まさに、「このタイミングで」です。



まだ正式採用の通知は出していませんが、
新しい仲間が加わることになります。



その際はこのメルマガでも
ご紹介させていただきますね。

 


今回はここまでです!




津久井





【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・菊池
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・菊池宛
   24時間メール受付中







メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る