ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2013年05月17日 メールマガジン 法則・ノウハウ 【第182回】御社のビジネス、デザインでオンリーワンになれるかもしれません。

2014年02月04日掲載開始

 





こんにちは。




ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です!
https://www.biz-up.biz





少しずつ
「暖かい」から「暑い」になってきました。



私はなるべく
朝早く起きて事務所にいって仕事をするようにしています。



しかし、
「春眠暁を覚えず」とはよく言ったものでして、
春先は起きれなかったー。



それが少しずつ「暑い」日になってきたことで
朝も早く起きれるようになりました。




それにしてもメルマガのテーマは
ある程度決まっていたのですが
構成がなかなか決まらず、



早く会社に来たわりに
時間がだいぶ経ってしまいました。



そして今から歯医者にいかねばなりません
(現在、午前8:55)。



歯医者に行く前に書き出しだけでも
終えておこうと思い急いで書きだした次第です。。。



・・
・・・


歯医者から戻りました(午前10:15)。
著者の時間の流れを伝えるという
新しいメルマガの切り口を発見しました(笑。



さて、今日のお話です。



朝テレビを見ていたところ、
こんな商品が紹介されていました。



・しゃれふん



何かわかりますでしょうか。



これ、おしゃれな「ふんどし」だそうです。



「へー」という感じだと思いますが、
これはデザインを研究している私からすると
なかなかおもしろい事例でして。。。



どういうことかというと、これは



★デザインでポジショニングを変えた
(新しいポジショニングを作った)事例



なわけです。



売れているかどうかはちょっとわからないのですが、
デザインを利用して今までにないポジショニングを
手に入れた商品であることは間違いありません。



なので、
メディアから見たら新規性があり
こうやってテレビに取り上げられるわけです。




このサイトもまさに
デザインで新しいポジショニングを
作った事例に当てはまります。



★ここかしこ
http://bit.ly/16CYrND



縁起物を販売しているサイトのようです。



その中でもとくにこの「雲棚」は
すごくいいな、と感じました
(個人的な趣味も入ってますが)。
実際に売れているようです。



★雲棚
http://bit.ly/149vIMw



他にもこういう例はいろいろあります。



身近なところで言えば
ユニクロなんかもそうです。



低価格というスペックと
デザイン性を実現させたのがユニクロです。



ターゲットが
洋服やそのデザイン性にあまり詳しくない人、
今まで服にあまりお金を使って来なかった人なので



今まで買っていた服と同じ価格、またはそれ以下で
デザイン性が備わっているならそちらのほうがいいな、
と思ってもらえるポジショニングをとりました。



つまり、
デザインありきのポジショニングだったわけです。



余談ですが、
ユニクロのロゴは今と昔で少し違うというのをご存知ですか?



左が昔で右が今:http://bit.ly/13qDK0S



で、
私は今でも覚えているのですが、



この右のロゴは
実は左のロゴを作った時の候補のひとつだったようです。
つまり当時からもうこのデザインは作られていた、ということです。



で、
当時、mixi(ソーシャルネットワーキングサイト、
Facebookみたいなもの)のグラフィックデザイナーの
コミュニティの中でこのロゴの存在が語られていました。



グラフィックデザイナーは
「なぜ左のロゴなんだ?どう考えても右のほうが
 ロゴのクオリティが高いだろ!」
とみんな口をそろえて書き込みをしていました。



それを見て私は
「ユニクロ、やるな」と感じました。



デザイナーが良いと感じるものというのは、
どうしてもアート性を含んでいたりするので、
時代の2〜3歩先、ヘタしたら10歩先を行ってしまいがちです。



これが
商売の現場では「売れない」という状況を生みます
(デザイン性が理解されない)。



ユニクロは、
右のロゴを採用するには時期尚早と判断したのだと思います。



右のロゴにリニューアルされたときに
「案の定、タイミングを図っていたんだな」と感じました。



ユニクロはデザインを上手く使って
ポジショニングをチューニングしている会社なのです。




こういった
デザインでポジショニングを作れる商品やサービスは
他にどういったものがあるでしょうか?



そのためには、
どういう特徴を持ったものがデザインによる
オンリーワン性を作れるのかを考える必要があります。



ふんどしと縁起物に共通するのは、



古くからあって誰もが知っているわりには
今はあまり使われていないもの、
陽の目を浴びていないものです。



ひとつにはそのように
スペックの成長は見込めず、
かつイメージが成長していない商材でしょう。



ふんどしも神棚も
これ以上の新しいスペックは見込めないですよね
(おそらくですが)。



ふんどしでできる新しいスペック
(たとえば痩身効果があるとか、血行が良くなるとか?)
は、パンツでもできてしまいますから、
ふんどしならでは、というわけにはいきません。



こういった商品を見つけるのは決して楽ではありませんが。。。



あとは、ユニクロのように
ターゲットを変えたり絞ることで
デザインをポジショニングづくりに活用できるケースもあります。



個人のポジショニングになるので
少し話がずれますが、



女子卓球の四元奈生美選手は、



デザイン性とはどちらかと言うと縁遠かった
卓球の世界にデザイン性を持ち込んで
ポジショニングをつくりました。



こんな方です。
http://amba.to/14uPqC9
(四元奈生美選手のブログ)



テレビでもよく取り上げられますよね。






具体的にどんな商材がデザインで新しいポジショニングを
手に入れることができるか考えてみました。



いろいろあると思いますが、
思いつきで挙げてみたいと思います。



★盆栽

以前、
盆栽Tシャツをデザインして
販売しようかと画策したことがあります。若いころです。



これもふんどしや縁起物とまったく同じ構造です。



最近はおしゃれ盆栽もあるようですが、
サイトで簡単に検索した限りだと
デザイン性を使ってポジショニングをしていると
言いがたいところばかりです。



★そば

おしゃれなそばやさんは最近多いと思いますが、
私が考えているのはそばそのもののデザイン性です。



ざるそばの盛り付け方やあのざるは
もっとやりようがあるのではないか、



そば猪口、はし、お盆に至るまで
もっとデザイン性を出して
「デザイナーズ蕎麦屋」ができないかと考えたりします。



そもそもそばつゆってなんで1種類だけなのでしょうか。
新しいそばつゆを誰か開発できませんかね?
(あ、これはデザインとはあまり関係ないか)



★ビリヤードのような趣味的なもの

これは思いつきですが、
とにかく一時流行ったのに、
根強く残りつつもあまりぱっとしない趣味のようなものに
何かデザイン性が入る余地がありそうな気がします。



★お米屋さん

個人的なイメージになってしまうかもしれませんが、
我々の会社がある地域のお米屋さんは古くからの
「ザ・米屋」ばかりです。



そういったお米屋さんが多ければ
新しいポジショニングを作れるかもしれません。



実際に
ビズアップにロゴをご依頼いただいたお客さまで
お米屋さんを営まれている方もいらっしゃいました。



これはとてもアリだと思います。



さて、
探せば他にもあると思いますが注意も必要です。



ありがちな勘違いとして、
ただデザイン性を持たせれば良い、という
単純な話ではうまくいかないケースもあるからです。



せっかくお金をかけて
デザイン性をもたせたのにお客さんが増えなかった、
やりようによってはこうなるケースもあります。



ご自身のビジネスや製品が
デザインによって新しいポジショニングを
つくりだせないかどうか、一度考えてみると面白いですよ!



午後は打合せが1件、
よくよく考えると今回のメルマガのテーマと
思い切り合致しています。それも古くからあるもので
デザインによってポジショニングをつくる形になります。



クライアントが行政なので
詳細はまだ書けませんが。。。
お仕事完了したら機会があればご紹介します。



今回はここまでです!




津久井






【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・菊池・林
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・菊池宛
   24時間メール受付中








メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る