ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2010年11月18日 メールマガジン ロゴデザイン 法則・ノウハウ 【第63回】:ある人の動画をシェアいたします

2012年12月11日掲載開始

 

 

 

こんにちは。

ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です。

 

 

先週に引き続き、
毎日コミュニケーションズの
マイコミジャーナルというサイトの

 

「メモの極意」

 

というシリーズものの企画に
私が出ています。

 

お時間がある方はぜひご覧ください!
http://bit.ly/cyUuXC

 

さて、今週のお話です。

 

ソフトバンクの孫正義社長という人を、
このメルマガを読んでいただいている方の
ほとんどがご存知のことと思います。

 

その孫正義社長が、
就活中の学生向けに講演したときの映像が
YouTubeにありました。

 

本日はその動画のシェアをしたいと思います。

 

孫正義社長に関しては、
賛否両論あると思いますが
大事を成した人であることは間違いないでしょう。

 

そういう人の考え方に触れるのは、
好き嫌いにかかわらず有意義なことだと思います。

 

ですので、
お時間がある方はぜひ観てみてくださいね!

 

ただし、超長いです!
全部で2時間以上あります!
お暇なときにどうぞ(これを見た私は暇人ですね 笑)

 

私が動画を見て「すごいな」と思ったことは
(ちょっとネタバレしてしまいますが)、

 

▼16歳で単身渡米
▼人生プランを立てて、ほぼそのとおりに生きている
▼成してきたことのデカさとその決断

 

の3点です。
かいつまんでお話ししますね。

 

▼16歳で単身渡米

孫さんは、
日本では高校に一年生の一学期しか
行っていないそうです。

 

16歳で英語も話せないのに単身渡米。

 

しかもその時、
実の父親が血を吐いて倒れ入院していたそうです。

 

親戚に「薄情者!」とか「ろくでなし!」と
さんざん言われ、母親に泣きつかれ、
学校の先生もみんなが反対。

 

でも決断を変えなかったそうです。

 

そもそもそんな孫さんの下地を作ったのは、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだのが
きっかけだったらしく、

 

父親が血を吐いて入院している中旅立つ、
これを孫さんは龍馬の土佐藩脱藩と
ダブらせているのが印象的でした。

 

そして、アメリカに渡った孫さんは、
3日程度で一学年分の教科書をすべて読んでマスターし
なんと2週間でハイスクールを卒業してしまいました。

 

私がすごいな、と思ったのは
孫さんと同じことができるかできないかよりも
(もちろんできないんですが)、

 

そんな発想は自分が16歳の時には持ってなかった、
思いもよらなかったということです。

 

ほとんどの人が16歳でそんなことを
考えたことなどなかったと思います。

 

私が16歳の時は、
女の子のことばかり考えてましたよ。
モテませんでしたが(汗

 

龍馬に関しては私も小学生の時に
「マンガで読む伝記」で
かなり感銘を受けたんですけどねー。
なんでこんなに違うんでしょうか(笑

 

▼人生プランを立てて、ほぼそのとおりに生きている

 

孫さんは
自分の人生を10年単位で区切って、
何を成すべきかテーマを持っています。

 

こんな感じです。

 

20代・・・名乗りを上げる
30代・・・軍資金を最低で1000億円貯める
40代・・・ひと勝負する
50代・・・事業を完成させる
60代・・・事業を後継者に引き継ぐ

 

これを19歳で作ったそうです(笑

 

え?私ですか?
19歳の時はサッカーと麻雀とギターしか
してませんでしたね(きっぱり)

 

「30代で軍資金を一千億円貯める!」と
19歳の時に決めた孫青年に対し、

 

勤労意欲ゼロだった19歳の津久井青年は
バイトもたいしてせずに、一日500円程度で
どうやって暮らすかばかり考えてました(汗

 

ふ菓子で空腹をしのいだ夜もありました。

 

24歳で資本金1000万円の会社を設立した孫さんは、
創業まもないころ、いきなり1000万円を使い切ります。

 

エレクトロニクスの展示会へ出展、
その費用が800万円、
そこで配ったパンフレット類などの制作費が200万円。

 

けっこう博打打ちなんですね。

 

でもその甲斐あって、
大きな仕事をひとつ受注したそうです。

 

1週間近く問い合わせがなく
青ざめたらしいですが。。。

 

24歳の津久井青年は、
女性関係の修羅場をむかえ青ざめていました(恥

 

30代で本当に軍資金を貯めた孫さんは、
40代で勝負に出ます。

 

いくつかある中で、
我々の記憶にも新しい
「Yahoo!BB」がそれですね。

 

ITバブル崩壊で時価総額が
100分の1の2800億円になってしまった中、
4000億円かけてこの事業に打って出ます。

 

もう、
金額が大きすぎていくらかわかりません。。。

 

▼成してきたことのデカさとその決断

 

Yahoo!BBをスタートすること、
つまり格安で高速度のネット回線を提供することは、
決してYahoo!だけが特をするものではありません。

 

ライバル企業、
楽天やニフティなどもそれによって恩恵を受けます。

 

でも、ライバル云々より
インターネットの世界をもっと大きくするほうが
自分の使命に合っていると感じた孫さんは、

 

NTTや総務省など、
既得権益を守ろうとする人たちと
大げんかをしながらもこの事業をカタチにします。

 

私はこの考え方は非常に好きで、
自分だけよければいいとか、
ライバルをけ落とそうとか、

 

そういう視点でしかビジネスができないのは
とても残念なことだと思います。

 

その他、
ご存知のとおりボーダフォン日本法人を買収し、
携帯電話業界に打って出ます。

 

インターネット企業が
電話業界の企業を買収したのは
ソフトバンクの例が世界初だそうですね。

 

しかも買収金額が2兆円。
経済史で世界で2番目にでかい買収劇だったそうな。

 

100万円だろうが、
100億円だろうが、
100兆円だろうが、

 

お金をひっぱって投資し、
リターンを得るのがビジネスの本質。

 

でも、
やっぱり金額のデカさは
人間の器や度胸を試されるものですね。

 

お金とセルフイメージは密接に結びついているのは
どうやら間違いなさそうです。

 

そして、ヤフージャパンは
本家米国ヤフーとは違う大英断、
ライバル企業Googleとの提携を先日行いました。

 

2011年はネット業界では
大変革が起こると言われています。

 

孫さん、
次は何をする気なんでしょうか。

 

とりとめなく孫正義史を語ってしまいましたが、
肝心の動画はこちらです。
http://bit.ly/aiSfLf

 

さて、
オマケとしてロゴよもやま話を3つほど。

 

1.
ソフトバンクのあのロゴマーク、
イコール(=)の形に見えますが、
もとは何か知ってますか?

 

あのマークは、
坂本龍馬の作った「海援隊」の隊旗から来ています。
これですね → http://bit.ly/965UeG

 

2.
ソフトバンクのロゴがリニューアルされた当初、
小学生が算数の時間に「=」を見ると、
「ソフトバンクだ!」といったそうです。

 

そりゃそうですよね。

 

で、
ここからが都市伝説めいた話ですが、

 

小学生があれを見るたびにソフトバンクを思い出す、
というのはある種のサブリミナル効果です。

 

で、小学生というのは、
実は未来の見込客、携帯ユーザー予備軍なわけです。

 

そこまで見越してあのロゴを採用した、
というウワサがあります。あなおそろしや。

 

3.
ソフトバンクのロゴのデザイン料金、
いくらかご存知ですか?

 

これも事実かわかりませんが、
棒1本=1億円だそうです。

 

つまり、2億円。。。

 

でもこれは大企業であれば十分ありえますね。

 

今回はここまでです!
またメールさせていただきます!

 

※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!

 

【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・宇都宮・菊池
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・宇都宮・菊池宛
   24時間メール受付中

 

津久井

 

 

 

 

……………………………………………………………………………………………
■発行元 株式会社ビズアップ www.biz-up.biz
■発行者 津久井 将信 support@biz-up.biz
本メールに掲載された記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
……………………………………………………………………………………………

メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る