ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2020年12月04日 発表!2020年をイメージさせるロゴマークはどんなロゴ?

2010年からはじまりました、ロゴマークオブザイヤー。記念すべき第11回の審査結果が出ましたので、本ページにて発表いたします!

代表あいさつと開催のあらまし

このページを見ていただいてありがとうございます。

2010年からはじまった「ロゴマークオブザイヤー」、今年で11回目の開催となりました!小さいながらも11年間つづけてきたことには大きな意味があると考えています。今後もつづけてまいりますのでぜひ応援いただければうれしいです。

ロゴマークオブザイヤーは、

その年を表す、象徴するようなイメージのロゴマークを決定する

というビズアップオリジナルのイベントで、全部で5部門が設定されています。

そもそも、

  • ロゴのランキングをつくりたい
  • お客さまそれぞれの想いがこもったロゴに優劣はつけれらない

という相反する考えのもと、

優劣を争うものではなく、その年の世相を表しているロゴ、という視点でランキング化するのであれば、お客さまやデザイナーの想いを否定することにはならないということで開催されることとなった歴史があります。

日経MJ商品番付、ベストジーニスト賞、流行語大賞、日本レコード大賞などなど、たくさんの賞レースがありますが、ロゴマークの業界でこのような賞を設けたのはビズアップが業界初!

今年もいろいろな出来事がありました。そんな中でも無事にこのイベントを開催できたことをありがたく感じております。

きっかけは

「お客さまとビズアップが一緒に盛り上がれるイベントを!」

という考えからスタートしたイベントですが、この賞をとおして何かお客さまに貢献し、社会に何かしらのインパクトを与えることができると信じています。

「ロゴマークをとおして、多くの人にお客さまの会社に興味を持っていただきたい。不況不況と言われて久しい中、デザインをとおして社会に元気を与えたり、起業する人、新しい事業をはじめる人に勇気を持ってもらいたい。」

微力ではありますが、私たちは私たちのできることの範囲でも十分社会に対して何かを伝えることができると信じています。

株式会社ビズアップ
代表取締役 津久井将信

参加資格と審査方法

【参加資格について】

参加資格は、2019年10月〜2020年9月にビズアップにロゴマーク作成をご依頼いただき、デザインを採用してくださったお客さますべてです(参加に際し、お客さま側での費用負担や準備はまったく必要なし)。

【審査基準】

ロゴマークはお客さまやデザイナーのそれぞれの想いがつまったものですので、ロゴマーク自体に優劣をつけることはできない、というのが私たちの考え方です。

そこで、その年その年のテーマにあった部門を5つ設定し、それにもっともイメージが近いロゴマークはどれかを審査基準とさせていただきました。

【審査方法】

ノミネートされたロゴマークを5つの部門に振り分けし、それぞれの部門ごとに任意の400名に対しWEBリサーチを行いました。

イメージに近いロゴマークを部門ごとに1つずつ選んでもらい、もっとも獲得票が多いロゴマークを最優秀賞、次に獲得票が多いロゴマーク2点を優秀賞とさせていただきました。

ノミネート作品数と部門の発表

【ノミネート作品数】

2019年10月〜2020年9月にビズアップにロゴマーク作成をご依頼いただき、デザインを採用してくださったお客さまのうち、86社のお客さまがノミネートしてくださいました。

【部門の発表】

1.<最も「動物愛を感じる」ロゴ>

2.<最も「デジタル」なロゴ>

3.<最も「Go toしたくなる」ロゴ>

4.<最も「若さを感じる」ロゴ>

5.<最も「触れてみたい」ロゴ>

1.最も「動物愛を感じる」ロゴ

ノミネート作品の中で、最も「動物愛を感じる」ロゴを発表いたします。

【この部門を設定した理由】

コロナ禍の外出自粛などを受け「ステイホーム」強化によりペットを飼い始める人が急増したことや、『あつまれどうぶつの森』のブームを受けてこの賞を設定いたしました。

最優秀「動物愛を感じる」ロゴ賞

お客さま名:にじいろこどもクリニックさま
コンセプト:地域交流の輪
かわいらしいゾウの親子をキャラクター化したロゴです。ゾウの鼻と虹でつながれた「輪」は地域の輪、交流の輪をイメージしています。ロゴタイプは、手書きの雰囲気を加えた太めで柔らかな書体で仕上げ、優しさや親しみやすさを出しました。メインカラーは、ゾウとしてのイメージの強いブルーとピンク、差し色に虹色を添え楽しい色調でまとめたデザインです。
担当デザイナー 佐々木 円

優秀賞

お客さま名
たにぐち内科クリニックさま
お客さま名
竹茂食堂さま
シロクマとウサギをモチーフにした、シンプルで親しみやすいデザインです。円の中にシロクマ、ウサギ、花、雲を表現しました。自然の中で動物や植物がほのぼのと過ごしているような優しい雰囲気の中で、リラックスして診察を受けていただきたいという思いが込められています。シンプルで温かみがあり、かつモダンでおしゃれな雰囲気のロゴマークとなっています。 日本にはないスパイシーでエキゾチックな味わいのインド料理「ビリヤニ」を提供するお店として、インドをイメージできるようゾウをモチーフに仕上げました。ゾウがビリヤニを差し出しているデザインから、インパクトがあり本場の味を楽しむことができるということが伝わりやすいデザインに仕上げました。
担当デザイナー コトオ ヒトシ 担当デザイナー 矢野 美緒

 

2.最も「デジタル」なロゴ部門

ノミネート作品の中で、最も「デジタル」なロゴを発表いたします。

【この部門を設定した理由】

リモートによる仕事や学習、呑み会、婚活などの機会が増えた2020年。社会のデジタル化が一気に進んだことや、デジタル庁の創設などを受けてこの賞を設定いたしました。

最優秀「デジタル」なロゴ賞

お客さま名:株式会社フジ商事さま
コンセプト:信頼感
社名のイニシャル「F」「S」をモチーフにデザインしました。躍動感のあるシャープなラインは「スピード感」「運ぶ」というイメージで運送業を表現しています。「S」を表す紺と赤の円弧部分は、お客様との信頼のあるつながりをイメージしたデザインです。
担当デザイナー 尾形 和則

 

優秀賞

お客さま名
株式会社iLabさま
お客さま名
株式会社TSUKURUさま
「iU」の9つの円をモチーフとして、それを密集・結合させることで「集合体=組織」を表したロゴデザインです。そして、配色をある程度分裂させることで、様々なタイプの「人」の集合により成り立っていることを示し、そのベストミックスな構成が「イノベーション」の基盤になることを表現しています。ロゴマークが可愛らしく映りすぎないよう、ロゴタイプは堅い印象に仕上げました。 会社名の「T」を使って躍動感、成長、発展を表しました。右肩上がりのデザインは、常にクオリティの高い仕事をめざしていく姿勢を表現しています。また、新しい価値を作る姿を演出し、丸みのあるフォルムで安心感や柔軟さをデザインしています。カラーは、未来を表すオレンジイエロー、洗練さを表すシルバーで構成しており、グラデーションをつけることで、様々なニーズに柔軟に対応していく姿が想像できるように仕上げました。
担当デザイナー 笹森 信吾 担当デザイナー 西槇 克之

 

3.最も「Go Toしたくなる」ロゴ部門

ノミネート作品の中で、最も「Go toしたくなる」ロゴを発表いたします。

【この部門を設定した理由】

これまでの生活に大きな変化のあった今年は、きっと誰もが「Go toしたい!」と願ったことでしょう。「あんな年もあったよね~!」と笑い飛ばせるようになるよう祈りを込めてこの賞を設定いたしました。みなさんご存知のあのキャンペーンにあやかってます!

最優秀「Go Toしたくなる」ロゴ賞

お客さま名:杜都旬菜 合羽橋ほていやさま
コンセプト:福々しさ
丸みのある布袋さんを水彩画のようにデザインすることで、福々しく縁起の良いイメージに仕上げました。カラーは、黒と墨のようなイメージで表現することで、和風な印象を持たせています。また、ロゴタイプは、勢いのあるタッチの筆文字でデザインすることで、インパクトと訴求力が出るようにしています。
担当デザイナー 桜井 麻那

優秀賞

お客さま名
株式会社カシワブッサンさま
お客さま名
Dearliy株式会社さま
50周年らしさを持たせたデザインです。5の上のラインを「th」の部分につなげるこで、これからもお客様の生活に関わっていきたいという想いを込めました。全体的にまとまりを持たせたデザインに仕上げています。 マークは開いた日記帳やスケジュール帳をモチーフにし、シンプルでわかりやすいデザインしました。また、タイプは流れるラインを持った動きのある雰囲気にし、移り変わり流れていく日々を表すとともに柔らかで親しみやすいイメージに仕上げました。
担当デザイナー 矢野 美緒 担当デザイナー 前河 則

 

4.最も「若さを感じる」ロゴ部門

ノミネート作品の中で、最も「若さを感じる」ロゴを発表いたします。

【この部門を設定した理由】

将棋の藤井総太7段が8大タイトルの1つ「棋聖位」を最年少で獲得し30年ぶりに記録を更新したことや、テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝、NiziUのブレイクなど多くの若者の活躍を受けこの賞を設定いたしました。

最優秀「若さを感じる」ロゴ賞

お客さま名:ウィルウィングさま
コンセプト:自由なひとつの輪
大空を自由な翼で羽ばたく鳥をイメージしたマークに頭文字の「W」をあわせたロゴです。モチーフの形状は優しく、そして色合いはカラフルに仕上げることで、老若男女に好印象を与えられるようなデザインとなっています。また、人と人、ビジネスとビジネス。お客様を取り巻く様々な環境がひとつの輪となって繋がっていくことを願い、一筆書きのイメージで虹色の線を描いています。
担当デザイナー 宮崎 智文

優秀賞

お客さま名
琉球大学 JST事務局さま
お客さま名
めいぷるハートさま
実験器具、沖縄県、ハイビスカス、ヤシの木などをモチーフに、カジュアルでナチュラルな雰囲気をイメージしたロゴです。ほどよい抜け感で「理系=カタイ」というイメージを払拭し、イマドキのゆるくかわいい雰囲気を出すことで、女子中高生ウケを狙いました。沖縄県や理系のイメージをダイレクトに表現し、わかりやすさを重視したデザインです。 紅葉のように移り変わる人の心を優しく包み込むイメージでデザインしたロゴです。ロゴタイプは読みやすくやわらかい書体で仕上げ、移り変わる人の心や環境を、「優しく吹く風」のようなラインで表現しています。タイプの赤とハートマークの緑の対比が美しい仕上がりとなっております。
担当デザイナー 田村 奈津子 担当デザイナー 佐々木 円

 

5.最も「触れてみたい」ロゴ部門

ノミネート作品の中で、最も「触れてみたい」ロゴを発表いたします。

【この部門を設定した理由】

コロナ禍で人や物との物理的な距離が開いてしまったことで、「触れたい!」と感じることが多かったのではないでしょうか。イメージの中だけでも触れることができそうなロゴを選んだら楽しいのではないかと思い、この賞を設定いたしました。

最優秀「触れてみたい」ロゴ賞

お客さま名:有限会社ホットハウスさま
コンセプト:心地良い空間
家と樹木をモチーフにした、シンプルでナチュラルなロゴです。樹木は古来より人や動物が集う場所として親しまれており、リノベーションを行うことでさらに快適で心地良い空間を作り出していきたいという想いが込められています。
担当デザイナー コトオ ヒトシ

 

優秀賞

お客さま名
株式会社かえでプロダクションさま
お客さま名
株式会社インフォモーフさま
楓の葉をモチーフにした、シンプルでスマートなロゴです。「非凡な才能」という楓の花言葉から、普通とは違う何かを得られる会社でありたいという想いを込めたデザインに仕上げました。レッド、グリーン、ダークグレーを使用したシンプルでわかりやすく先進的なデザインとなっております。 細胞やシナプスなど、他とつながりを持つことで何かを形成していくといった構造が、人間の人格や個性の形成と似ているのではないか?という観点からモチーフに展開しました。立体的かつ複雑に絡み合うことで、唯一無二の個性を持つという切り口のロゴとなっています。
担当デザイナー コトオ ヒトシ 担当デザイナー 笹森 信吾

 

以上で、受賞作品の発表は終わりです。

ひとつご注意いただきたいのは、受賞したロゴマークが受賞をしていないものよりも優れているということや、受賞デザイナーが他のデザイナーより優れているということは一切ないということをご理解いただきたいということです。

受賞したロゴマークや受賞デザイナーは、私たちで設定させていただいた2020年の部門にマッチしていたロゴマークおよびその作成デザイナーです。

ロゴマークは、多くの経営者の想いを表しているもので、決して優劣をつけきれるものではない、というのが私たちの考えです。

閉会のごあいさつ

ロゴマークオブザイヤー2020はいかがでしたでしょうか。私たち自身も、いつも結果に良い意味で驚かされます。

ビズアップは2021年も変わらず、たくさんのお客さまから応援されるような会社を目指します。

そのために、お客さまをはじめ、たくさんの方を応援する会社であるよう努めます。

2021年もぜひ、みんなで日本を、世界を盛り上げていきましょう!

メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る