ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2012年01月27日 メールマガジン ロゴデザイン 【第119回】:自分たちの仕事が人の心を動かした瞬間

2014年01月21日掲載開始






こんにちは。





ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です。
https://www.biz-up.biz





まずは告知をさせてください。



先週のメルアドでも
芸能人の方の来訪で弊社Facebookページを
ご連絡させていただきましたが、



ビズアップでは昨年末に
Facebookのページをつくりました。



ぜひみなさまにもご参加いただきたいと思います。



また、Facebookで
私個人とお友達になっていただける方も大歓迎です。



いまだにFacebook慣れしていないのですが、
こんな私でよかったらぜひ仲良くしてください。



さらに、
ビズアップtwitterも用意しました。
まだまだこれからなのですが、
よかったらフォローしていただきたいと思います。



・ビズアップFacebookページ
http://on.fb.me/tat0VW

・津久井Facebook
http://on.fb.me/xw0ezH

・ビズアップtwitter
http://bit.ly/xG4wHW




さて、
今日はみなさまに謝らなければならないことがございます。



弊社では、
とあるお客さまのロゴマークを無料で作成しました。



お客さまみなさまに、
きちんとした料金をお支払いいただいている中で、
無料でおつくりしたことに良いイメージを
持たれない方もいらっしゃると思います。



今からその訳をお話いたします。



ロゴを無料で提供させていただいたのは、
「日本オイスター協会さま」です。



オイスター、そう、牡蠣です。



日本で牡蠣というと、
なんとなく広島県のイメージがありますが、
実はそうではないそうです。



牡蠣といえば、
実は世界的には「三陸沖」。



なんと、世界で養殖されている牡蠣は
ほとんどが三陸沖で育てられた牡蠣の子ども
(種牡蠣というのでしょうか)がベースに
なっているそうなんです。



なぜなら、
世界で最も、と言っても過言ではないほど
強くすばらしい遺伝子を持っているのが
三陸産の牡蠣だからです。



日本オイスター協会さまに
なぜ無料でロゴをご提供したか、



勘の良い方はもうお気づきかもしれません。



そうです。3.11の震災が、
三陸の牡蠣を生業とされている方々にも
大打撃を与えたことに起因しています。



昨年の震災後に、
日本オイスター協会さまから



・復興のシンボルとしてのロゴ



をご依頼いただきました。



しかしながら、
協会でストックされているお金は、
そのほとんどが復興支援のために
使われている状況ということでした。



日本オイスター協会さまからのご要望は、
お支払いを遅らせてほしい、
または値引きをしてほしいというものでした。



もちろん、即答したわけではありません。



今まできちんと
料金をお支払いくださった
お客さま方のことを考えました。



震災は当然ながら私にとっても
とてもショッキングな出来事であったとともに
自分にできることは何があるのかも常に考えていました。



もし、
ビズアップのロゴをデザインするという能力が
被災された方のお役に少しでも立つのなら。。。



私は自分の良心に基づいて決断することにしました。



なにより、
日本オイスター協会の創設者の方、
理事の方々は「自分のため」ではなく



「牡蠣の生産に携わっている方々」
「被災地の方々」



のために動いている、その「why」に
心を動かされずにはいられませんでした。



そして、
ビズアップのお客さま方であれば
きっとその「why」を知っていただければ
ご納得いただけるはずだと思いました。



結果、
支払いを遅らせるでも値引きをするでもなく、
「無料」でおつくりさせていただくご提案を
こちらからいたしました。



完成したロゴがこちらです。
http://bit.ly/xE86ZI



そんなやり取りがあったのが昨年の3月末、
まだ震災の被害に誰もが前向きになりきることが
難しい時期でした。



そして、
今週の日曜日、1通のメールが来ました。


----------------------------------------------------
株式会社 ビズアップ
代表取締役 津久井 将信様
ご担当 玉村 様
デザイナー  村松 様


平素より、大変お世話になっております。
震災復興支援としまして、ロゴマークを賜りました日本オイスター協会でございます。
私は、会長の小比賀と申します。

もうじき、震災から1年が経過しようとしております。

大変おそくなってしまいましたが、御社へ御礼のご挨拶にお伺いしとうございます。
お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合のよろしい日時をご指示いただけましたら幸甚です。

名刺制作や、別用途のロゴマークに関しましても、ご相談させていただきたいと存じます。

宜しくお願い申し上げます。

日本オイスター協会
小比賀 かずこ
----------------------------------------------------



25日水曜日、
日本オイスター協会代表理事の小比賀さまと
創設者の佐藤さまが弊社にいらっしゃいました。



震災の直後から今まで、
どのようなご苦労をされたか、
今、どのようなことで苦労されているか
などをお聞きしました。



しかしながら、
「苦労話」という雰囲気ではなく
お二人からは「三陸の牡蠣を救う!」という
使命感がビシビシと伝わってきました。



お世辞抜きで
私は本当に感動し尊敬しました。



そんなお二人から、
ビズアップに素敵なプレゼントが。



これです。
http://bit.ly/ynMpac



もう、これを見て
私はちょっと泣きそうになりました。



感謝状を小比賀さんが読んでくださりました。
頭を下げて受け取っているのでわかりづらいと
思いますが、やっぱり泣きそうになってます。
http://bit.ly/yA8aVg



日本オイスター協会さまでは、
オイスターマイスターという資格制度があり、
グレードに応じてロゴ入りバッジを
資格者の方にお渡しされています。
http://bit.ly/wgVTZR



バッジを見て、
ビズアップ一同「お〜」という感動の声が
思わず上がりました。



今回のことを通して感じたことは、
まだ言葉にまとまりきっていないのですが、
私たちのほうが素敵なプレゼントを
いただいたことだけは間違いないです。



自分たちの仕事が
誰かの心を動かしていると感じた瞬間でした。



小比賀さま、佐藤さま
ありがとうございました。



また、
日本オイスター協会さまをご紹介くださったのが、
我々のお客さまである株式会社レバレッジの
代表取締役こだわり社長、只石さまでした。
http://bit.ly/Ad3m0I



只石さま、
只石さまのまわりにはやはりアツくて素敵な方々が
たくさんいらっしゃいますね。
日本オイスター協会さまに我々をご紹介くださり、
本当にありがとうございました。



多くの方々のお陰で
人生において本当に貴重な体験を
させていただいていると感じています。



このメルマガを
いつも読んでくださっているみなさまにも感謝いたします。



代表理事小比賀さまとみんなでパチリ。
http://bit.ly/zvLTXL



日本オイスター協会さまオフィシャルサイト
http://bit.ly/xicyDJ

日本オイスター協会さまFacebookページ
http://on.fb.me/xNSpDe




今回はここまでです!




津久井




※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!




【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・宇都宮・菊池
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・宇都宮・菊池宛
   24時間メール受付中


メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る