ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2011年06月03日 メールマガジン 広告 【第88回】:店舗(特に飲食店、美容系)の集客をアップさせる方法

2013年03月18日掲載開始

こんにちは。





ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です。
https://www.biz-up.biz







私はいつも、
お風呂に1時間くらい入ります。



湯船に浸かりながら
本を読むのです。




で、
昨日の夜もいつものように1時間ほど
湯船に浸かっていました。



途中で喉が乾き、
冷たい水をコップで2杯ほど飲んで
湯船から出て体を洗い始めたところ、



具合が悪くなりました。



急に胸が苦しくなって、
本気で心筋梗塞かと思いました。



すぐに外に出て横になったのですが、
思わず妻に「救急車!」と言おうかと
思いました。



まずい出来事なのか、たいしたことないのか、
お医者さんではないのでいまいちわかりませんが、



「あ、死ぬかも・・・」



とちょっとだけリアルに感じました。



ちなみに苦しんでいる私を見て
妻は「何やってんの?」という
リアクションでした。。。(泣




さて、
今日のお話です。



みなさま、
「FAXDM」と聞いてどう思われますか?



「古い」
「迷惑」
「印象が悪い」
「クレームがくる」
「FAXでお客さんなんかとれない」




こんな負のイメージを
もたれている方がほとんどではないでしょうか。



たしかにFAXは
手法としては10年前に流行り、
今ではほとんど反応が取れないどころか
クレームになる、ということが多いのは事実です。




しかし、
ここに新しい切り口をもって
成果を出している知り合い経営者がいます。



本日はその方のご紹介です。



その前に
本日のお話はこんな方におすすめです。



・店舗系のビジネスをされている方



中でも
・飲食店
・美容系(美容室・ネイル等)



の方に特におすすめです
(もちろんそれ以外の方にもおすすめです)。



「美容系」は意外な感じですが、
理由を聞いてみると、



「社内でFAXを一番最初に目にするのは女性がほとんど」



とのことでした。
「なるほど」と思わずうなりました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株式会社プロフィットラボラトリー
平川 雅之 氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


彼はマーケッター仲間でして、
特にFAXDMとメディアPR系が得意です。



以前、
彼の考えた「リカツ(離婚活動)」という言葉が
流行語大賞にノミネートされたこともあります。



そんな彼が
現在FAXDMでバシバシ成果を出しています。






飲食店とFAXDMと聞くと
何か違和感があるかと思いますが、
だからこそそこが金脈だとしても誰もやりません。



そこに新しい切り口で
メスを入れたのが平川さんです。



たとえば、
彼は大手焼肉チェーン店や
ラーメン店、宅配系の店舗を
FAXDMで集客して成果をあげています。



肝になるのが、
実は法人をターゲットにするということ。。。



後ほどお伝えするURLに
このあたりの情報が事例(FAXDMの原稿)を交えて
すべて紹介されていますので、
そちらでゆっくり見ていただきたいのですが、



ちょっとだけ事例を紹介すると、



福島の宅配釜めし店の事例(もちろん震災前)では




・405件送って42社・・・反応率10.37%



という異常な値を出しています。
ここの店だけが特別というわけではなく、
他の業態でも高い反応率をたたき出しています。



※FAXDMの反応率は
1,000枚、10,000枚送って3件
(センミツ、マンミツ)
と言われていたのが5年前くらいですので、
今ではもっとひどいはずです。



こういう成果は、
都心部よりも郊外、地方の方が
上がりやすいのだそうです。







では、
飲食店が法人向けにFAXを送れば成功するかというと、
もちろんそう簡単ではありません。



株式会社プロフィットラボラトリーは、
商圏単位のFAXリストを持っているのです。



どういうことかというと、
「Aラーメン」というラーメン店の商圏が半径2キロの場合、
半径2キロの法人をピックアップしリスト化できるのです。



だから
FAXの「ムダ打ち」がなくなります。



ムダ打ちがなくなると、


・当然ながら反応率が高まります
・つまり費用対効果が高まります
・クレームが減ります



彼らにしかないノウハウとデータベースに基づき、
高反応率を出しているわけです。



なので、
当然私たちにも真似できませんし、
原稿だけ書いて他のFAXDM業者に依頼しても
おそらくうまくいかないと思います。







料金はいくらか聞いてみました。



・リストとFAX送信費用あわせて@20円



とのことです。
安い。。。



もちろん、
今であればリスト代込みで@10円を切る
FAXDM業者もあります。



でも、
リストを使ったマーケティングの鉄則は、
「リストの精度、鮮度を上げる」です。



悪いリストが安く手に入っても
結局費用対効果が悪化します。



たとえば、
反応率1%(本当はもっと悪いでしょうが)のDMを
@10円で1000件に送ったとしたら、
一人あたりのお客さんの獲得コストは



・FAXDM総額:10円 × 1,000件 = 10,000円
・獲得お客さま数:1,000件 × 1% = 10件
・1件あたりの獲得単価:10,000円 ÷ 10件 = 1,000円



です。



でも、
5%の反応率を出せれば
たとえ単価が@20円でも



・FAXDM総額:20円 × 1,000件 = 20,000円
・獲得お客さま数:1,000件 × 5% = 50件
・1件あたりの獲得単価:20,000円 ÷ 50件 = 400円



1件のお客さん を獲得するコストは
半分以下です。



リストマーケティングのポイントは、
目先の費用にダマされないことです。







さて、
ぜひ平川さんの公式サイトと、
このFAXDMサービスのサイトを
みなさまにお伝えしたいと思います。




平川雅之公式サイトはこちら
→ http://bit.ly/mMMnE7

※メルマガ登録できます。
かなり面白いのでぜひどうぞ。



満席FAX公式サイトはこちら
→ http://amba.to/mr7Njk

※FAXDMの原稿や事例がたくさん載っています。




店舗系のビジネスのみなさま、
サイトをのぞいてみて損は絶対無いですよ!




今回はここまででです!






津久井




※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!




【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・宇都宮・菊池
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・宇都宮・菊池宛
   24時間メール受付中




……………………………………………………………………………………………
■発行元 株式会社ビズアップ www.biz-up.biz
■発行者 津久井 将信 support@biz-up.biz
本メールに掲載された記事・情報を許可なく転載することを禁じます。
……………………………………………………………………………………………

メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る