ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2011年11月18日 コピーライティング メールマガジン 【第110回】:お客さまを文章で動かす方法1

2014年01月21日掲載開始






こんにちは。





ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です。
https://www.biz-up.biz




メルマガの配信が遅れてしまいました。
すみませんでした。



少しずつ寒くなってきましたね。



本来であれば今時期は
とっくにコートを引っ張り出してますが、



今年はまだ出してません。




さて、




今週から3週にわたって、
文章術について多少ウンチクを。。。



パンフレットやHPをつくる際に、
どうしても原稿はお客さまに
ご用意いただく必要があります。



しかし、
その文章作成が難しいということで
お仕事がストップしてしまうことが多々あります。



普段文章を書かないとなかなか難しいですよね。



それでも、
みなさまのご商売の良いところを一番よく
知っているのはみなさま自身ということで、



やはりみなさまに
原稿を書いていただくのが一番良いと私は考えます。



今回からのメルマガを読んでいただければ、

・文章を書いてみようと気になる
・文章が書きやすくなる
・文章を書く上での注意点などがわかる

と思います。



ちなみに、3週に分ける理由は
メルマガの文章量を少し減らすためです。。。



いつも書いていて長いな〜と感じてまして。。。



で、
今週はこんなお話から。




【構成(フレームワーク)を先に決める】





文章を書こうとする時に一番多いのが



「何(どこから)から書いていいかわからない」



という状況、心境に陥ることです。



これは
「枠組み(フレームワーク)」を
持つことで比較的解消されます。



文章系でよく使われるフレームワークには
こんなものがあります。



・セールスレター系だと
神田昌典さん提唱の「PASONAの法則」が有名

・私がよく使っているのは
「ピラミッドストラクチャー」と呼ばれるもの







PASONAの法則とはある頭文字をとったもので、


P :プロブレム → 問題提起
A :アジテート → 問題を煽る
SO:ソリューション → 解決手段(商品やサービス)の提案
N :ナローダウン → お客の絞り込み
A :アクション → とってほしい行動を示す(購入や資料請求)


この枠組み、
順番で文章を書くと商品が売れやすい、というものです。



また、
ピラミッドストラクチャーは
私がメルマガでよく使う枠組みです。



what:何が言いたいのかキーメッセージを伝える
why1:なんでwhatだと言えるのか理由1
why2:なんでwhatだと言えるのか理由2
why3:なんでwhatだと言えるのか理由3








超簡単な例を出します。




PASONAの法則の場合、こんな感じになります。


P :
HPがないことで本来得られる売上げを
得られていない会社、お店が
◯◯%もあるのをご存知ですか?


A :
しかもその売上げはHPをもつ競合他社に流れるので、
ライバルとの差は2倍以上で開いていきます。
また、比較されやすいネットの世界でデザイン性の
高いHPが増えているので、自作のHPではユーザーの
信用は得られない時代になっています。


SO:
「でもHPの制作は高いし更新とかも大変」と感じますよね。
そんな時、ビズアップのHP作成サービスなら、
デザイン会社なのに初期費用(デザイン代)が無料、
ご自身で自由に更新、ページ追加ができて月額たったの17,800円です。


N :
ただし、こちらのサービスは人気な上、
製作期間やコストの関係から今回の募集では
5社さまのみの限定でのサービス提供となります。
毎回、応募開始から3日で5社の枠すべて埋まります。


A :
このサービスの詳細や今までのデザイン実績を
まとめた無料の資料をご用意しました。
資料をご覧になりたい方は03−5876−8656
(担当宇都宮、受付時間平日10時〜18時)
までお電話ください。早急にメールでお送りします。



次に、
ピラミッドストラクチャーの場合はこんな感じです。


what:
ビズアップのHPサービスは、
こんなかたにおすすめです。

「HPの必要性は十分に理解している、
でも初期費用をあまりかけたくないし、
更新やページの追加を頻繁にしたいけど
維持費は極力抑えたい!」


why1:
デザインはデザイン会社なのに無料(6ページまで)!

why2:
納品後にご自身でページの追加や修正が無制限にできる!
しかもやり方が分からなければ専属スタッフがお電話で何度でも説明!

why3:
月額たったの17,800円!
しかも7ヶ月目以降はいつでも辞められる!



whyの1〜3はなるべく違う視点、
切り口にするのがポイントです。
モレ・ダブリがないように、というヤツです。




さて
(結局長くなってしまいましたが)、




今号の締めとして
なぜデザイン会社のメルマガで
文章術について書くかを記します。




私は以前のメルマガから書いているとおり、
デザインのことを過信していません。
デザインは万能ではないということです。



多くのデザイン会社やデザイナーは
デザイン至上主義であることが非常に多く、
これによりマーケティングの失策などがおきます。



また逆に、
言葉も万能ではありません。



デザインと言葉の両方をあやつり、
いかに効果の高いものを創り上げるか、



これが現代のマーケティングに
求められていることだと私は考えるからこそ、
このようなテーマのメルマガを書きました。




今回はここまででです!




津久井




※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!




【連絡先】

・お電話:03-5876-8656
   担当:津久井・宇都宮・菊池
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井・宇都宮・菊池宛
   24時間メール受付中


メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る