ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

Logo column

2020年01月10日 メールマガジン 所感 【第510回】2020年はこんな年になります

こんにちは。





ロゴ作成専門ビズアップ 津久井です!
https://www.biz-up.biz







あけましておめでとうございます。



本年もビズアップを
どうぞよろしくお願いします!



いよいよはじまりました2020年。
新年一発目のメルマガといきたいと思います。



お正月はどのように過ごされましたか?



このメルマガを
頻繁に読んでくださる方であれば
もう聞き飽きたであろうと思いますが、



私は今年も
ヨメの実家(愛知県豊田市)で
だらけていました。



人の家でも平気でだらける人間です。。。



とはいえ
お正月中も少し仕事しましたけどね。



コメダ珈琲に長男と行き、
私は仕事、長男は宿題。



場所を変えると
「やらないといけない」というスイッチが
私の場合は入りやすいです。



さて、
今年の一発目のメルマガは
未来予測です!(胡散臭い)




今までナイショにしていましたが、
実は私は未来を予測するSPECを
持っているのです。



実際に2020年に起こる
出来事を言い当ててみましょう。



・・・・・・・・・・・・予言・・・・・・・・・・・・
2020年7月と8月、
東京に世界中からたくさんの
人が集まるでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



どうです?
当たりそうじゃないですか(笑)



お気づきかもしれませんが
なんと、これは予言でも
なんでもないのです!(ドドーン)



これは私がいつもお世話になっている
株式会社キーワードマーケティングの
代表の滝井さんという方がよく言っている、



・確定未来



というやつなんですね。



2020年、
どんなことが起こるかというと、
当然まだわからないことも
たくさんあるでしょう。



しかしながら、
実はすでにわかっていることも
意外と多くあったりするわけですね。



たとえば、



・Windows7サポート終了



とか。



これにより
ビジネスチャンスが生まれる会社もあれば
社内の対応に追われる会社もあるでしょう。



他には



・大河ドラマ「麒麟が来る」



のスタートで、
岐阜県や滋賀県は観光の面で
賑わう可能性があります。



交通系では



・山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」完成(3/14)
・日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ駅」暫定開業予定(時期未定)



など、
新しい駅ができます。



これにより近隣の店舗は
新しい集客経路が生まれる可能性が高いですね。



また、
駅に限らずさまざまな建築物・商業施設が
2020年もたくさん開業する予定です。



特にホテルや宿泊施設がものすごい多い。
オリンピックの影響であることは間違いないです。



問題はオリンピック後も
インバウンドの旅行者に来てもらえるかです。



・PHS個人向けのサービスが終了予定
・「SUMMER SONIC」が休止



なんていう予定もあります。



「SUMMER SONIC」は国内有数の
音楽フェスですね。



個人的に音楽好きなので残念
(でもサマソニに行ったことはない)。



・今年の国体は鹿児島で開催
・ドバイで万国博覧会



なんていうものもあります。



・東名道と関越道を結ぶ外環道路が開通予定



なんていうのは
商売上関係する企業もかなり多そうですね。



開通すると関越道と東名道間が
約12分で接続されるそうです。



関越と東名は東京では
環状八号線という道路を使って乗り換えますが、
この道が狭くてしょっちゅう渋滞しますから、



12分で接続されるのは
運送、物流業など車を使う商売の方には
かなり効率化が期待できそうです。



・アメリカ大統領選挙の予定(11月)



これも世界中が動向を気にする確定未来。



残念ながらイランとアメリカの戦争は
避けられそうもなくなってきてしまいましたが、
そのあたりが選挙にどう影響するか。。。



とはいえトランプ政権が
つづくのが濃厚そうな気もしますが。。。



そして商売をしていると気になる祝祭日。
今年は少し様相が違うようです。



まず、
2月の祝日は2日になるようです。



天皇陛下の誕生日が2/23。
今年はうるう年なので1日多いですが、
来年からは28日しかない中で2日も
営業日が削られてしまいますね。



オリンピック連休もあります。
7月23日(木)から26(日)は
土日入れると4連休となります。



9月にもシルバーウィークの4連休があり、
お盆休みと合わせると3ヶ月連続で
中長期の連休があります。



BtoCのご商売の場合は良いかもしれません。
BtoBだと営業日数が削られてしまいます。



しかしながら、
滝井さんの話だと2019年よりも
2日営業日が多いそうですね。




確定未来を知る方法は
こういったイベント以外にもあります。



そのひとつは
ビジネスに携わる人にとってもかなり重要です。



「法改正」です。



たとえば、
2019年は我々ビジネスマンにとっても
一般家庭のお母さんにとっても
とても大きな法律の施行がありました。



消費税率の改定です。



消費税率アップは
増収となった税収の使い道に疑問を持たれており、
決して良い法改正とはいえなさそうです。



が、
消費税アップにより消費が冷え込んだ感は
個人的には今のところ感じてはいません。



どこかの経済学者が言っていましたが、
消費税をもっと上げてしまい、
他の税金をなくしたほうがよいという
考え方もあるようですね。



徴税にかかる人員やそのコストなどが減り、
かつわかりやすい税金体系になりますので
素人ながら個人的には良いような気がします。



お金をたくさん持っている≒たくさん使う人が
支払う税金が自ずと多くなります。



お金持ちを保護する税制も
お金を持っている人からたくさん
搾取しようとする税制も、



個人的には疑問を感じます。



そういう意味では
税制の消費税の一本化はわかりやすさと
フェアさを兼ね備えていそうな気が。。。
(あくまで素人考えですが)



そういえば昔読んだ



「バカとブスは東大へ行け!」



というセリフでおなじみの(?)
「ドラゴン桜」というマンガには



「税制はわざとわかりづらくなっている。
 バカが理解できないように。。。」



的な強烈なシーンがありました。



もし本当なら税制がわかりやすく
なることはきっとないのでしょう(泣)



さて、
2020年は民法の改正が
確定未来としてやってきます。



いろいろありますが
ビジネスの上で話題がよく挙がっているのが、



・債権法の改正


というやつです。



ネットなどで商売をしている場合は
大いに関係してくると思われます。



私も
すべてを理解したわけではないのですが、
「約款」を使っている会社は要注意のようです。



「約款」というのは
不特定多数の人と商売をしていて、
いちいち1件ごとに契約を結ぶのは
非効率過ぎて現実的ではない、



といった際に利用するものです。
「利用規約」なんかも入ると思います。



これに関する規定が
今までの民法にはなかったそうなんですね。



そこで新しい債権法で明確にしよう、
という話なんだそうです。



結構内容が抽象的なので
簡潔に説明することが難しいです。



こちらの記事が参考になるかもしれません。



弁護士法人デイライト事務所
→ https://www.daylight-law.jp/1407/1407040/



他にも
私たちのデザインに関する法律で、
かつみなさまにも関係しそうなのが



・改正特許法



です。



特許法も時代の波を受けて
即したものに変えていこうということです。



方改正の趣旨は以下のとおりです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デジタル革命により業種の垣根が崩れ、
オープンイノベーションが進む中、
中小・ベンチャー企業等が優れた技術を
活かして飛躍するチャンスが拡大するとともに、
優良な顧客体験が競争力の源泉となってきている。


このような変化を踏まえて、
特許等の権利によって、紛争が起きても、
大切な技術等を十分に守れるよう、
産業財産権に関する訴訟制度を改善するとともに、
デジタル技術を活用したデザインの保護や、
ブランド構築等のため、意匠制度等を強化する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(経済産業省)



簡単に言えば、
デジタル革命の流れを受けて


・中小・ベンチャーを大切にしたい
・デザインやブランドの価値を強化したい


という意図があるよ、
と読み解けるわけですね。



このメルマガでも何度かお話していますが、
日本は知的労働に重きを置かなければ
労働人口の減少や海外の安価な労働力といった
これからの課題に対応できないと政府も
認めているわけです。



しかし注意が必要です。



法で保護するということは
法の保護を受けていないものは守らない、
という宣言でもあるわけです。



企業のブランド価値を守るためには
商標登録をはじめとした法対応を
しっかりやらないといけないという
ことでもあるわけですね。




2020年のビズアップの話も
あまり興味がないかもしれませんが
お話させていただきます。



2019年一発目のメルマガでは



「起業する」



と書いておりました。



新しい会社をつくるという意味ではなく
起業したときと同じようにキレキレの自分になり
第2創業という位置づけで仕事をする、



こんな意味合いでした。



それができたかというと
正直お恥ずかしながら疑問です。



当然ながらうまくいったことも
いかなかったこともたくさんあります。



うまくいかなかったことのほうが
多かったのではないかという印象です。



今年はどうするか。



前半はとにかくロゴ。
ロゴの事業をしっかりと伸ばしていきたい。



2019年は
足固め、準備的な意味合いの仕事が多かったです。



しかも
2020年に入った今もまだ終わってません。



サボっていたつもりはありませんが、
行動量が足りていなかったと言わざるを得ない。



前半は
昨年からつづく足固め、準備をしっかり終わらせ、
かつ実らせるために時間を使うことになります。



後半からは新しいサービスの立ち上げをします。
もっともこれも昨年から準備を進めていましたが、
不測のトラブルというか、お恥ずかしながら
まったく予定通りに進まず、



まるで人生ゲームやすごろくで
「振り出しに戻る」のマスにはまったような
3歩進んで3歩戻るようなことが2回もありました。



それが年末になんとか開発の起動に
乗りそうなところまでは、



3歩進んで2歩下がる程度で
なんとか進められそうなところまでは
持っていくことができました。



7月末までにはこれをしっかり完成させ
8月からは営業活動に動けるようにしたい。



もしかしたら
ビズアップの新しい基盤になるかも、
そんなサービスとなっております。



他にも昨年頭からスタートした
私たちのラジオ番組が無事1周年を迎え、
2年目に突入します。



この番組は
ロゴをつくってくださったお客さまに
ブランディングの一環として
出演していただくことを目的としています。



出演は無料です。
東京都内で4番目に大きい局での番組です。



これを今年もしっかりやりきり、
お客さまに喜んでいただけるように仕上げ、
長くつづく番組にしていきたいと考えます。



最後に、
昨年達成できなかった目標を
今年は達成したいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
呑み会の数を減らして
仕事の量を増やしまーす(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



こんな言葉で締めくくった
2019年一発目のメルマガ。



自分にツッコミを入れますと、



「全然減ってないやないかい!」



ということで、
今年こそは減らして仕事の時間を
増やそうと思います。



週に2~4日は会食やらが入っていましたが、
今年は月に7~8回、週に2回以下にし、
それ以外の時間を仕事に当てます。



家でも
仕事をしやすい環境をセッティングして
夕食の後にしっかりと仕事をやりきる。



ひとことで言うなら



「マジメに生きる、仕事する」



ということになります。



さて、
最後は本当に興味がないお話に
なってしまったかもで恐縮ですが、



2020年もビズアップを
どうぞよろしくお願いします。





今回はここまでです!






津久井









※メルマガやビズアップサービスについての
お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ。
雑談レベルで構いません!




【連絡先】

・お電話:03-5738-8265
   担当:津久井
   受付時間:平日10:00~18:00
・メール:support@biz-up.biz
   津久井宛
   24時間メール受付中






配信解除したい方はこちらからお願いします。
https://a10.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=231&f=12&g=6&c=183210&code=ad17d184a0a51b98ec082edd1a659e97




こちらは代表津久井のメルマガのみの配信解除となります。
毎週火曜日発行のお客さま紹介メールは解除されません。


メールマガジン登録はこちら

メールアドレス(必須)
会社名

ご依頼・ご相談・
各種お問い合わせは
こちらです

インターネットの手軽さを最大限に活用しつつ、インターネットのデメリットである「顔が見えない・声が聞こえないやり取り」を極力排除した「出会いはデジタル、やり取りはアナログ」が私たちの目指すサービスです。ご依頼やお問い合わせは以下のフォーム、またはお電話で可能です。

お電話でのご依頼・
お問い合わせ

受付時間 10:00~18:00

0120-65-37-65

フォームからのご依頼・
お問い合わせ

24時間受付中

ご依頼・ご相談フォームはこちら

トップへ戻る